インカレ惜しくも初戦敗退/全日本学生選手権

ホッケー
インカレ惜しくも初戦敗退/全日本学生選手権


 「勝つつもりだったから今は何も言えない…」(野原主将・法4)。年に一度のインカレ。集大成を見せるべく臨んだが、宿敵・東農大に屈する結果となってしまった。
 試合開始から積極的に攻撃を仕掛けた本学。伊藤(理工4)や徳島(理工2)などがトリッキーなプレーで相手を次々とかわし、畳み掛けるようにセンターから得点を狙う。しかしゴール前で連携が取れず、なかなか得点に結び付けることができない。そんな中、相手はPC(ペナルティーコーナー)などで着実にチャンスを作り、前半10分に先制点を挙げた。
試合を終えた選手たち
試合を終えた選手たち

 その後はお互い一歩も譲らない一進一退の攻防。チャンスは幾度も見られたが、両キーパーの好セーブもあり試合は動かない。結果、序盤に相手が決めたゴールが決勝点となり本学の黒星が決まった。
 「勝てると思ってたから悔しい」(伊藤)。リーグ中とはうって変わって苦い表情の選手たち。目標を、全日本選手権に出場できるベスト4に定めていただけに立ち尽くすばかりだ。しかし「押してたしペースも良かった。内容は互角。最低限の良い試合ができたと思う。昨年よりは戦えるようになった」(野原主将)と前向きに考える。コーチも「今日は頑張ってた。来年こそベスト4になる」とミーティングを締め括った。
 今季残された試合は、秋季リーグ5・6位決定戦のみ。「今は何も考えられないけど、気持ちを切り替えて試合に臨みたい」(野原主将)。春季リーグ準優勝や王座選手権3位の好成績を残した野原主将体制のラストゲームが楽しみだ。

激しい攻防を見せる
激しい攻防を見せる


☆ライバル東農大☆
 今季東農大とは4戦1勝3敗。試合内容はほぼ互角に見えるが、なかなか勝てていない現状がある。しかしこの試合、PCが本学は3回に対して東農大は8回獲得しているなど、チャンスメイキングの差を感じさせた。他大学と比べて何かと縁があり宿敵ともいえる相手。攻略方法を模索し、何とか白星を挙げてほしい。



★今季の対戦成績★
●5・18 平成20年度春季関東学生ホッケー1部リ
ーグ戦(慶大日吉グラウンド)
        1-1
 ○明 大 2{   }2 東農大
        1-1
※延長戦の結果、本学の勝利
●8・31 第7回東日本学生ホッケー選手権大会(慶大日吉グラウンド)
        3-1
  明 大 3{   }4 東農大○
        0-3
●10・12 平成20年度秋季関東学生ホッケー1部リーグ戦(慶大日吉グラウンド)
       1-0
  明 大 1{   }2 東農大○
       0-2



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読