無失点に抑え勝利/関東学生秋季リーグ戦

ホッケー
 予選Bプールを3位で通過し順位決定戦に臨んだ本学。準優勝と好成績を残した春季リーグに比べると勢いは足りないが、徹底したチームプレーでこの試合快勝を収めた。

試合開始7分にはPC(ペナルティーコーナー)から得点を上げ挙げ先制点を決めた。連携プレーでゴールを決めるなどチームプレーが光るその後も徳島(理工2)と清水(商2)が連今まで上級生の個人プレーばかりが目立っていた本学だけに、パスを重視したプレーはチーム改革の賜物といえるだろう。プレー中の掛け声も増えたように見える。まだ連携ミスも多々見られるが、下級生の成長が更なる進化のカギを握るだろう。

 中々プレーが噛み合わず、今季初戦では早大にまさかの黒星を付けられた。しかし試合を重ねるごとにペースを掴んでいるように見える。苦しい試合が続いても積極的に下級生を起用し続けているのが好を相したようだ。今季の上位入賞の道は途絶えたが、今後の活躍に期待が掛かる。

 試合後、野原主将(法4)が「良いとは言えない。もっと細かいプレーを改善しなければならない」と冷静に語ったように課題は多い。まずはあと数日に迫ったインカレに向けて、最終調整を図ってほしい。初戦は宿敵・東農大と対戦。「最終パスを正確に合わせられれば…。あとは1点差ゲームをモノにする気持ちがあれば、東農大に勝てるはず」(小池コーチ)。4年生に残された試合はあとわずか。野原主将体制、最後の花を咲かせてもらいたい。


☆インカレ情報☆
10/31(金)11:00から全日本学生選手権が開催されます!本学は初戦で長年のライバル東農大と対戦します。早大東伏見グラウンドで行われるので、興味がある方はぜひ観戦にいらして下さい!



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読