目指すは全勝優勝の先/関東大学2部リーグ戦

硬式庭球
 リーグ最終戦の相手は専大。これまで全勝を守ってきた本学は、これに勝てば2部リーグ優勝となり1部リーグ最下位の相手と入替戦に臨むこととなる。1位になるか、2位になるかで入替戦の相手が変わってくるため、この専大戦はとても重要な試合となった。

  ◆出場メンバー◆
シングルス1清家(法2)
シングルス2神谷(政経2)
シングルス3金城(政経2)
シングルス4長島主将(農4)
シングルス5北村(理工3)
シングルス6濱中(営1)
ダブルス1豊永(理工4)・金城組
ダブルス2長島主将・佐藤(政経3)組
ダブルス3野口(商4)・酒井(営3)組

 ダブルスから試合が始まる。試合は明治のペースで順調に進んでいった。まず、野口(商4)・酒井(営3)組が圧倒的な強さを見せ付け1勝を勝ち取る。次に、駒大戦で左手首を故障し2試合ぶりの出場となった豊永(理工4)が、ペアの金城(政経2)とともにダブルス1としての務めを果たし2勝目を収めた。残るは明治ダブルスの大黒柱、長島主将(農4)・佐藤(政経3)組。相手のペースに押され、後から「緊張で守りに入ってしまった」(長島主将)と語るよう動きが硬くなる場面も見られた。最終セットどうにかタイブレークまで持ち込み相手をギリギリまで追い詰めたが、惜しくも敗退に終わった。

 ダブルスの試合が終わり、2-1と本学リードでシングルスの試合が始まった。シングルス1勝目を決めたのは濱中(営1)。彼は、東海大戦では高校時代勝てなかった相手も倒し、本リーグ戦全試合出場で全勝を収めている。今回も真っ先に勝利を決め、1年生ながらその堅実な戦いぶりでチームを支えた。続いて、長島主将が安定した試合展開で勝利。ダブルスでの敗戦を挽回(ばんかい)した。苦しい試合を強いられたのは、本リーグ戦初参戦の北村(理工3)。ポイントを取っては取られの接戦だった。しかし、プレッシャーからか「いつもの躍動感がなかった」(田中監督)と最後は相手の勢いに押し切られ敗退した。

 そして残すはシングルス1、2、3の3試合。その日1番の快勝を見せたのが清家(法2)。「(専大シングルス1の相手には)清家しかいない」(田中監督)と予想したオーダーが見事に的中し、この勝利により本学の2部リーグ戦優勝が決まった。また、最近何とか勝ってはいるものの調子がよくない金城(政経2)。今回も前半はいつもの力を出し切れずに苦戦していた。しかし、そこは昨年のリーグ戦ではシングルス1を務め、チームの柱となった彼だ。後半は徐々にペースをつかみ、底力を発揮し勝利した。最後に残されたシングルス2の試合。神谷(政経2)の奮闘に、部員たちの声援も大きくなる。相手は専大の主将。互いに部員たちの期待に応えようと必死にボールを追う。しかし、足の故障の影響もあってかコントロールが鈍り、敗退と悔しい結果に終わった。

 この試合をもって2部リーグ全勝優勝を果たした本学。しかし、「本当の勝負はここから。入替戦では1年間やってきたことをすべて出し切る」(長島主将)と1部復帰を懸けた戦いは目前に迫っている。本学は10月4日から8日まで茨城県で合宿を行うなど、「毎日毎日戦わないと1部には追い付かない」(田中監督)と入替戦に向けさらに気合を入れる。2部リーグ戦は入替戦への通過点に過ぎない。10月11日に行われる入替戦、勝利を手にするのは明治だ。

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読