悪天候にもめげず、明大飛行隊健闘 /妙高サマージャンプ大会

スキー
 降りしきる雨と濃霧に見舞われた大会当日。視界不良による競技開始が危ぶまれるなか、会場の選手たちの表情は思いのほかリラックスしていた。昨年のインカレ開催地、妙高でのサマージャンプ大会。岡部孝信(雪印乳業)や伊東大貴(土屋ホーム)など、国内トップクラスのジャンパーも集うハイレベルな大会だ。格上の社会人相手にどこまで戦えるのか。遠藤主将率いる明大飛行隊が、妙高の空を舞った。

 計2本の飛距離・飛型点を競うジャンプ競技だが、2本目のジャンプを飛べるのは1本目のジャンプを飛び終えた時点での上位30名のみ。そのため、まずは2本目のジャンプへ進むことが目標のラインとなった。しかし、いざ飛ぼうというときに、これまで晴れかかっていた霧が選手たちの視界を奪う。ジャンプ台の下から見ていても、飛んでくる選手が見えないような、深い霧だ。「全然、前が見えなかった」(佐藤)。

 しかし、このような悪天候のなかでも明大飛行隊は堅実なジャンプを披露。結果、澤谷を筆頭に、遠藤主将、佐藤、山本の上級生4人が2本目に進出した。近年のジャンプ陣から4人もの選手が2本目に進出するのは初めてのこと。学生だけを見てみても、本学の4人という数字は他大を圧倒していた。

 国内オールスターと言っても過言ではない面子がそろう2本目でも、選手たちは気後れせず自分たちのジャンプを見せた。結果は20位台に終わってしまったものの、悪天候のなか健闘、ライバルたちへ大きなインパクトを残しただろう。冬の本番での表彰台独占、「ジャンプ王国メイジ」復活を期待したい。


☆取材日誌☆


 大会後行なわれた、選手たちのサイン会。優勝した岡部選手や、伊東大貴選手、葛西紀明選手(土屋ホーム)などがファンとの交流を深めた。ミーハーな本誌記者たちもちろん参加。色紙やブルゾンにサインをもらい、ほくほく顔で会場をあとにしたのでした。

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読