完敗、決勝の舞台に届かず/全日本大学王座決定戦

ホッケー
 先日の春季リーグ戦、準優勝という快挙を成し遂げた本学。その勢いのまま、王座決定戦での躍進が期待された。本学は初戦を何とか勝ち抜き次に駒を進める。しかし、準決勝の相手、昨年の王者・天理大の壁ははるかに高かった。

 初戦の相手は朝日大。対戦経験がなく、相手の戦力は未知数だった。試合開始5分、先制したのは本学。順調な滑り出しを見せた。しかし、その5分後、朝日大の得点で試合は相手ペースに。朝日大の連続得点によって本学は大きく突き放されてしまう。しかし、ここから本学の怒とうの追い上げが始まった。橋谷(営4)がPC(ペナルティーコーナー)から得点を決めると、次は臼井(商4)が鮮やかなロングシュートを決め、あっという間に同点に追い付いた。そのまま勝敗はPS戦に持ち越され、長岡(営2)の好セーブで見事本学が勝利した。

 準決勝の相手は、不動の王者・天理大。本学はこれまでにない苦戦を強いられた。前半、本学は2失点ながらも期待以上の互角な戦いを見せる。「入り方はそんなに悪くなかった」(野原主将・法4)。ボールを奪われても奪い返し、格上の相手にも負けじと食らい付いていった。しかし後半、序盤に失点すると一気に相手ペースに持ち込まれ、そのまま相手の勢いを止めることができず9-0と大敗。「走り負けてた」(伊藤・理工4)と技術面だけでなく、体力面でも力の差を痛感する結果となった。

 結果としては3位という成績を収めた本学。しかし、「体力も技術もまだまだ」(野原主将)と多くの課題が残った。次の大会は東日本インカレとなるが、それに向け夏の合宿では「まずは体力を付け、細かいパス回しに力を入れる」(野原主将)。今大会で味わった悔しさをばねに本学のさらなる飛躍に期待したい。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読