惜しくも男女共にベスト16/東日本大学選手権

空手
 「目標は最低でもベスト4。昨年負けた駒澤にとにかく勝つ」(稲主将・法4)と、上位入賞を目指して臨んだ今大会だったが、男女共に3回戦で敗退しベスト16という結果に終わった。

 女子団体では、1回戦は格下の防衛大相手に危なげなく3―0で勝利し、2回戦へと駒を進めた。相手の愛知学大は先鋒、中堅に強い選手を集めたため、浅井(法1)が3―6で取られてしまう。中堅の松谷(法3)も危ないところを見せるが、粘り強く戦い大将の久保田(商1)へとつなげ、2―1で勝利した。3回戦は、過去に何度も入賞経験のある国士大。先鋒の浅井がポイントを先制するもすぐに挽回(ばんかい)され2―6で取られる。続く松谷、久保田もなかなか得点を追い上げることができず、0-3で敗北した。

 一方、男子団体は1回戦、2回戦とそれぞれ4―1、5―0で快勝し、続く3回戦は東洋大と対戦。先鋒の谷崎(文3)が接戦ながらも4―2で勝利し、好スタートを切った本学。だが次鋒の中村(豪・政経1)、中堅の松本(政経4)、副将の中村(竜・法3)が惜しくも敗れ、その時点で3回戦敗退が決まった。しかし大将対決は、調子の良かった浦野(農4)がキレのある技で勝利し、結果2―3での悔しい負けとなった。

 試合を振り返って、「チームの雰囲気はとても良かった。まとまりがあった」と浦野は言う。それだけに、今回の3回戦敗退という結果は非常に悔しいものだった。この悔しさをバネに、6月に行われる全日本学生選手権では上位入賞という目標を実現してほしい。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読