大山、全日本出場権獲得の大健闘/関東女子学生選手権

剣道
 全日本出場権を懸けた今大会。今年から朝練を開始し強豪校との練習試合でも手応えをつかんできた本学から、4名が出場した。

 女子主将として挑んだ大山(商4)。3回戦まで順調に勝ち進むと、4回戦には強豪・埼玉大にも1本勝ちを収める。さらに全日本出場権を懸けた5回戦。一進一退の攻防が続きこのまま延長戦かと思われた終了間際に、大山はリスタートから素早く面を打つ。見事な1本が決まり旗が上がると同時に終了の合図。一瞬も途切れぬ集中力で勝利をつかんだ。続く6回戦では延長戦の末、面を打ちにいったところにコテを打たれてしまい、ここで惜しくも敗退となった。ベスト8進出こそらななかったが、激戦を勝ち抜いての全日本出場権獲得とその実力を発揮してみせた。

 昨年に引き続き全日本出場を目指した黒田(政経3)は、1回戦で力の差を見せ付け面2本で勝利。しかし2回戦で相手に1本勝ちを許し、駒を進めることができなかった。また古井(政経3)、大久保(商2)も一歩及ばず全日本出場権を得ることはできなかった。

 男子に引き続き女子でも全日本出場を決めた本学。特に女子主将である大山の活躍は、部にとっても今後のはずみになる。「大山なら全日本でも十分やれる実力がある。優勝を目指してほしい」(今野監督)。「自分の剣道をやれるよう努力する」と上を目指す気持ちを忘れない大山に、全日本での活躍が期待される。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読