(6)インカレ事前インタビュー/武田大周

バレーボール 2022.11.28

 11月29日から全日本大学選手権(以下、全カレ)が開催される。昨年度、本来の力を出し切れず初戦敗退となった明大。悔しさを糧に、今年度こそ全カレの頂へ。選手たちのインタビューをお送りします。第6回は武田大周選手(政経3=松本国際)です。

 

(この取材は11月16日に行われました)

 

武田

――現在の調子はいかがですか。

 「個人的には結構いい感じなのですが、自分が良くてもチームが良くなければ駄目なので、少しでもチームが良い方向に行くようにプレーや声で引っ張っていけたらいいなと思います」

 

――秋季リーグ戦を振り返っていかがですか。

 「春と順位は変わらないですし、逆に春勝ったチームには負けているという感じでできていたことができなくなったという部分が多くて、課題の方が多く残ったと思います」

 

――印象に残っている試合などはございますか。

 「東海大戦です。確実に格上のチームというのは分かっていた中で接戦に持っていけたのですが、そこでも勝ち切れなかったということで、そこに実力の差や組織力の差が出てしまったと思います」

 

――昨年度は初戦で敗れましたが、一発勝負の怖さなどはございますか。

 「正直怖くて、昨年度の全カレも初戦で負けていますし、今年度の東日本も初戦でがたついたりチームとしても甘さが出ていたと思いますし、そういうところをチームとして意識を高めてやっていきたいです」

 

――副将、リベロとしてチームにどう貢献していきたいですか。

 「守備のサーブレシーブはもちろんなのですが、少しでも高く上がったボールをつないだり、相手が決めたい勝負球とかを上げられたら流れとか雰囲気も変わってくるので、守備の面では自分が中心となって頑張りたいです」

 

――ルーティンについて教えてください。

 「高校の時、高校2年生くらいで始めました(笑)。TikTokで、野球のイチロー選手が動作一個一個の中で、一つやることを決めていたら絶対スイッチ入れられるという動画を見て、自分もなんか作ろうと始めました」

 

――カギを握るのはどなたでしょうか。

 「やはり工藤(有史・政経3=清風)ですね。レシーブを引っ掛けやり二段トスという形になったら有史は打ち切れるので、少しでも自分がサーブレシーブとかでカバーして負担減らしていけたらなと思っています」

 

――全カレへの意気込みをお願いします。

 「最終日まで残って一番良い色のメダルを獲るのが目標で、初戦から相手を下に見ないでチャレンジャー精神で頑張っていきたいです」

 

――ありがとうございました。

 

[野口優斗]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読