(4)インカレ事前インタビュー/岡本知也

バレーボール 2022.11.27

 1129日から全日本大選手(以下、全カレ)が開催される。昨年度、本の力を出し切れず初敗退となった明大。悔しさを糧に、今年度こそ全カレの頂へ。選手たちのインタビューをお送りします。第4回岡本知也選手政経2=五所川原工)です

 

――現在の調子はいかがですか。

 「調子はいい感じです(笑)」

  

――この1年間を振り返っていかがですか。

 「試合に出させてもらって思ったのは、他にも出れない選手がいる中でやはり自分が活躍しなくてはいけない立ち位置にいるので練習から意識高くやるようになりました」

 

――チームの雰囲気はいかがですか。

 「相手が福岡大で強いところなので、自分たちが去年の全カレの思いというか結果があるので少し雰囲気はなんだろう、ピリついているけどいいピリつき方です」

 

――今年度から後輩ができたことによる変化はございましたか。

 「先輩という立場になって、やはり自分たちがこれから上級生として引っ張っていかなくてはいけないので先輩に頼らず試合中でも練習でも声出しをするようになりました」

 

――成長したと感じたことはございますか。

 「ディフェンス力は去年よりも磨いてきたのでサーブレシーブとディグはレベルアップしたのかなと思います」

 

――大学で印象に残っている試合はございますか。

 「秋季リーグ戦の順天堂大学戦です。フルセットにもつれこむ試合でしたが、そこを勝ち切れたというのが自分の中でとても印象に残っています」

 

――明大で一番仲良い選手を教えてください。

 「同じ学年で東北出身の菊地健介(商2=雄物川)選手と仲良いです」

 

――明大で尊敬する選手を教えてください。

 「工藤有史(政経3=清風)選手です。同じポジションで工藤選手の対角に入ってるんですけどやはり頼りになるし、決めどこでしっかり決めてくれるそういう姿勢は自分の中で憧れで尊敬しています」

 

――自主練で頑張っていることがあったら教えてください。

 「最近は近藤(蘭丸・文1=東福岡)とコンビニに行っています(笑)」

 

――試合前のルーティンはございますか。

 「試合前のルーティンは好きな音楽を聴いてモチベーションを高めることです」

 

――全カレに向けての抱負と目標をお願いします。

 「スタメンで出場して(全カレの)メダルを獲得することが目標です。個人としてはやはり最終的にボールが集まる立場ではないので、サポートというかつなぎの部分でアピールしていきたいです」

 

――ありがとうございました。

 

[ジンセウン]

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読