(2)インカレ事前インタビュー/坂本雄大

バレーボール 2022.11.25

 11月29日から全日本大選手(以下、全カレ)が開催される。昨年度、本の力を出し切れず初敗退となった明大。悔しさを糧に、今年度こそ全カレの頂へ。選手たちのインタビューをお送りします。第2回は坂本雄大選手(政経2=市立尼崎)です。

 

――秋リーグ最終戦「詰めるところを詰めていきたい」と話されていましたが、具体的に力を入れてきたことはありますか

 「サーブとブロックです。ブロックをそろえる事を意識していました」

 

――1年の集大成となる大会。この1年で成長したことはありますか。

 「勝負のところで最後トスが上がってくるんですけど、そこで決め切ることができるようになったかなと思います」

 

――試合中に自分に求められていることは何だと思いますか。

 「まずは雰囲気を盛り上げることと、自分は点数を決めるポジションでサーブキャッチに入らないのでその分点を決めてチームに貢献することですね」

 

――優勝に向けてカギとなる試合はどこですか。

 「まずは1回戦です。去年は1回戦で負けているので、初戦を一番大事にしていきたいです」

 

――その大事な1回戦。そこに向けて取り組んでいることはありますか。

 「サーブのミスを少なくするのと、フェイントボールなど簡単なところで落とさないというところを詰めていきます」

 

――全カレへの意気込みをお願いします。

 「1試合でも多く勝って4年生の先輩に少しでも恩返しできるように頑張ります」

 

――ありがとうございました。

 

[入谷彩未]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読