白熱した入替戦、女子1部昇格!!/関東大学春季リーグ入替戦

バドミントン
 5月4日、日体大の体育館が熱気に包まれた。明治大学バドミントン部が一途に目指してきた1部昇格。選手たちはついに運命の入替戦のコートに立った。

 決戦の相手は男女共に青学大。男子については、これで3度目の因縁の相手だ。今までは2部で優勝した後、入替戦までモチベーションを保つことが上手くいかなかった男子だが、今年は違った。全員1部の舞台だけを見つめ、チームの雰囲気は最高だった。しかしどのセットも途中リードする場面がありながらも、力みすぎたのかミスが目立ち0-3のストレート負けを喫した。「スピード、パワーにまだ差があった。気負いすぎて実力を出し切れなかったのも悔しい。でも全員悪い試合はしていないし、次につながる試合ができた。早速練習メニューを変えてスピード、パワーをもっと付けたいと思う」(増渕主将・法4)。

 3度目の正直は叶わなかったが、彼らはもう新たな戦いに向け前へと進み出した。

 一方、昨秋のリーグ戦で2部降格という挫折を経験した女子。この入替戦はどうしても負けられない。まずコートに立ったのはエースの石川(文2)。1セット目を落としたものの、自分のプレーを見失うことなく、後の2セットを奪い勝利。チームを勇気づけた。続く南出(商2)は体調不良がたたり、残念ながらゲームを落としてしまった。1-1というプレッシャーが掛かる場面で登場したのは、“明治のオグシオ”秋山(文3)・富永(法3)ペアだ。「ラリーが続いて緊張は解けた。相手が疲れるまでの辛抱だと思って冷静にやった」(富永)。2人は決して諦めず強気で攻め、絶妙なコンビネーションで勝利を収めた。1部まであと1勝となり、第2ダブルスは皆川(文4)・村山(農2)ペア。前で素早く打ち返す皆川と後ろから力強いスマッシュを打ち込む村山。今年から組み始めた2人だが、それぞれの役割をしっかり果たし、ついに1部昇格を決めた。その瞬間、全員コートに飛び出し喜びを噛みしめた。

 秋、プレッシャーに負け、自分のプレーができず泣いていた彼女たちはもうそこにはいない。降格を経験したからこそ手に入れた強い精神力。最強の武器を身に付け、来季彼女たちは1部の強豪たちに向かっていく。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読