力出し切れず、強豪に完敗/春季関東学生1部リーグ戦

ホッケー
 初戦から強豪・法大、2回戦では東大に見事勝利を収めた本学。強豪がひしめくAプールの中で、早くも順位決定戦進出を決めた。今回の相手はまたも強豪・山梨学大。今勢いのある本学に大きな期待が懸かった。

 序盤から山梨学大ペースで試合は展開された。相手が強豪・山梨学大というプレッシャーから選手たちは思うようにプレーをすることができない。試合開始5分、相手に先制点を許してしまう。本学も藤波(農3)、辻本(農4)らが個人技で対抗するが、得点には結びつかない。長い均衡が続き、残り5分、激しい攻防が繰り広げられるも、結局0-1で山梨学大優勢のまま前半は終了した。

 試合後半戦が始まり、本学はまたも開始5分、相手に得点を許してしまう。試合は終始相手ペースで進められ、その焦りから一人一人のプレーがかみ合わなくなる。そのまま流れを変えることができず、さらに相手に3得点目を決められてしまう。「試合の入り方から悪かった」(小池コーチ)と山梨学大に完敗した。

 今年に入り心機一転、小池コーチの徹底した指導のもと新たなスタートを切った本学。山梨学大戦では個人技に頼ったプレーが多く見られたが、今季は組織プレーに力を入れている。今回の春季リーグ初戦、法大戦でその成果を見せるも、「山梨学大戦では去年の悪い所が全部出てしまった。次の試合までに立て直して
いく」(小池コーチ)。本学の順位決定戦での巻き返しに期待したい。

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読