木村がJ1・横浜F・マリノスへ来期加入内定!

サッカー 2022.07.26

 7月21日、木村卓斗(政経4=横浜F・マリノスユース)の横浜F・マリノスへの来期加入内定が発表された。4年生として明大の中盤を支えるボランチが愛する古巣への加入内定を勝ち取った。

 

 木村は小学生時代から横浜F・マリノスの下部組織で育ったMFだ。大学に入学するまではSBを主戦場に活躍したが、明大で栗田大輔監督に出会い持ち前の運動量を評価されMFへ転向。2年生次から試合に絡みだすと3年生次には背番号8を背負いチームの中心選手に。4年生となった今季は経験と責任感でチームをけん引し、前期リーグ戦では全試合にスタメン出場した。武器は豊富な運動量と、球際の強さ。中盤から運ぶドリブルや、強烈なミドルシュートも併せ持ち、攻守に渡り存在感を見せる。「ユースの頃から進化した自分を見てほしい」と語るように、明大で積み重ねた努力が評価され相思相愛の古巣へ帰還が決まった。とはいえ、加入するのはJ1で首位を走る強豪。日本代表にも選出されている岩田智輝や藤田譲瑠チマなどとの国内最高峰のポジション争いが待っている。それでも「努力して信念を持って取り組んできたので、不安は一切なくむしろ楽しみ」と自信をのぞかせる。憧れのマリノスで大きく羽ばたくために。大学生活の残り半年を全力で駆け抜ける。

 

[井澤怜音]



選手コメントはこちら


木村選手からのメッセージ動画はこちら


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読