槇井が2位! 清水、大浦も3位と明大の強さ光る/東日本学生春季選手権

レスリング 2022.07.01

 大会2日目を迎えた東日本学生春季選手権。新人選手権フリースタイルが行われ、明大からは10人が参加した。92キロ級で出場した槇井大伍朗(法2=関西)が2位、清水大輔(営2=鹿島学園)と大浦響(営1=山形商)がそれぞれ3位で入賞するなど健闘を見せた。

 

◆6・29~7・1 東日本学生春季選手権(駒沢体育館)

[新人選手権グレコローマンスタイル]

▼57キロ級

 葛城――準々決勝敗退

 志村――2回戦敗退

▼65キロ級

 加賀田――3回戦敗退

 太田――3回戦敗退

▼70キロ級

 遠藤――2回戦敗退

▼74キロ級

 渡邊――2回戦敗退

 西村――2回戦敗退

▼79キロ級

 清水――3位

▼92キロ級

 槇井――2位

▼97キロ級

 大浦――3位

 

 準決勝の相手は初対戦となった国士大の米田。「タックルを警戒しながら、組み手で優位に立つことを狙った」(槇井)。しかし、第1Pからなかなか主導権を握ることができない。「序盤は固くなってしまった」と得点を奪うことができないまま迎えた第1P2分30秒にパッシブで1点を先行されてしまう。

 

 続く第2P。「焦らずにここからが勝負だと思っていた」。しかし、第2Pも流れを取り戻すことができない。開始10秒で場外に出され追加点を奪われると、続く36秒にも2点を追加され0―4とリードを広げられる。それでも試合終盤の2分29秒。場外際で相手に足をかけると、投げ技で相手の背中をマットにつけて一気に5点を奪い逆転。このリードを最後まで守り切り見事勝利した。
 

 迎えた決勝の相手は日大の堀。準決勝とはうって変わって序盤から攻め込む。第1P19秒、40秒で立て続けに相手を場外に押し出し、2点を先行。「しっかりと前に出ることができた」。しかし1分10秒で相手に投げられ4点を奪われる。このプレーで槇井は肩を痛め、無念の棄権。2位という結果に終わった。「プレッシャーをかけることができたのは良かった」と悔しいながらも確かな手応えはつかんだ。

 

 また、清水と大浦が3位に入るなど、明大勢の躍進が光った。インカレの舞台でさらに磨きのかかったプレーで活躍を見せ、好順位を残すことに期待がかかる。

 

[廣末直希]

 

試合後のコメント

槇井

――これからの目標を教えてください。

 「インカレで上位入賞できるようにこれから練習して頑張りたいです」

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読