運命の3位決定戦 見事勝利を収める/関東学生春季1部リーグ戦

ホッケー 2022.06.20

 リーグ3位決定戦を争い、駿河台大と対戦をした。この試合に勝てば全日本大学王座決定戦(以下、王座)へ関東第3シード枠として、負ければ第4シードとして出場できる。試合前には円陣を組み、気合を入れる。試合に動きがあったのは第3Q。試合開始2分、PC(ペナルティーコーナー)から得点。また13分にも追加点を挙げる。これが決勝点となり明大は2-0で手堅く勝利を収めた。   


 第1Q、試合の入りは相手の勢いにやや押され気味となり後手に回る。明大がボール保持を試みるも前線の相手選手の素早い攻守の切り替えに苦戦する。それでも5分にPCを獲得。ここから徐々に明大ペースとなっていった。大森行洋(商4=伊吹)がドリブル突破を図るも相手が守る。続いた第2Qでは依然として明大のボール保持の時間が多くなる。竹邊尚希(商2=川棚)がシュートで決定機を作るも相手キーパーの正面。多くのチャンスを生むも無得点のまま試合は第3Qへ。

 

 そして第3Qではついに得点が生まれる。開始2分、竹邊が相手との混戦の中得点を決める。なかなか得点が決まらない重苦しい雰囲気を破るゴールとなった。1点を取りさらに勢いを増した明大。第3Q終了間際、さらに追加点を獲得する。「集中を切らさずにできた」(小林正人・政経2=今市)。形部健彦(法4=天理)のアシストを受けた小林が冷静に流し込み、勝利を確実に手繰り寄せる。第4Qでは点差に焦る相手に対して余裕を持って守備が対応。「ディフェンス陣が0点で抑えてくれた」(小池文彦監督)。相手の猛攻にも堅い守備を見せて得点を許さず、試合は2-0で終了。明大がリーグ3位を決めた。

 

「残念という気持ちが大きい。王座や秋季リーグでは全勝を狙っていきたい」(小林弘人主将・政経4=今市)。キャプテンとして、王座で優勝を成し遂げたいという強い責任感を感じた。3位になった明大は王座初戦に関西大を迎える。「残り短い期間で課題を修正できるような練習を取り組んでいきたい」(小池監督)。王座での優勝に向けて理想のチームをどん欲に求めようとする雰囲気がチーム全体から表れていた。

 

[石田聖]

 

試合後のコメント

小池監督

――今日はどのような戦術で試合に臨みましたか。

 「相手に合わせず冷静に自分たちのパスホッケーをやれば勝てると思いました」

 

――前半に点が取れなかったことについて振り返ってください。

 

 「冷静にシュートを打てておらず、チャンスをモノにできていない。エースの大岡と武田が、けがで出場がかなわなかったのが痛手でしたが2点取ってくれたので良かったです」

 

――王座への意気込みをお聞かせください。

 「まずは一つ一つやっていくこと。そして山梨学大にはリベンジして決勝に進みたいです」

 

小林弘人主将

――本日の試合を振り返っていかがでしたか。

 「前半で点を取れないと相手のペースになり苦しい展開になってしまうということを、身をもって感じることができる試合でした」

 

――ハーフタイムでどのようなことを話されましたか。

 「上の観客席で見ているサブ選手に意見を求めてチームに共有して、もう少しタイトにするというのを目標に改善していこうと話し合いました」

 

――最初の得点が入った時の気持ちはいかがでしたか。

 「あまりきれいな得点ではなかったのですが、ゴールが入ると余裕が生まれ選手の動きが良くなります。そのため次の試合も先制点を先取したいと思います」

 

小林正人

――今日を振り返っていかがですか。

 「前半での押し込まれる場面が課題でしたが、後半まで気持ちを切らさず勝ち切れたことが良かったと思います」

 

――後半、点が入った時はどのように気持ちを持っていきましたか。

 「攻めに徹底して、自分が得点を決める意識を今まで以上に持つことが得点につながったと思います」

 

――王座に向けての意気込みを教えてください。

 「自分たちの目標は優勝なので、初戦から大差で勝って勢いを付けて、2回戦で強豪を相手に勝ち切って勢いに乗れれば良いかなと思います」

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読