武井・遠藤組 準決勝進出へ/全日本総合選手権

バドミントン 2021.12.29

 残す試合数もわずかとなった全日本総合選手権。明大からは男子ダブルスの武井優太(商3=埼玉栄)・遠藤彩斗(政経3=埼玉栄)組が準々決勝に出場。全日本学生選手権(以下

、インカレ)では優勝を手にした実力者たち。リードされても前向きな気持ちを保って戦うことで見事に準決勝進出を決めた。

 

◆12・24~30 全日本総合選手権(武蔵野の森総合スポーツプラザ)

▼男子ダブルス

 武井・遠藤組――準決勝進出

 

 目標とする優勝に歩みを近づけた。準々決勝の相手は西田・目崎(トナミ運輸)組。相手も共に埼玉栄高出身で、武井と遠藤の後輩に当たる。「大学生と実業団は練習環境が違う」(武井)。後輩とはいえ、実業団を相手に戦うことには緊張や怖さが伴った。序盤から果敢にスマッシュを打ち込むが、狙いを決めきれず思うように得点につなげられず。終始、僅差でゲームが進むも、18―21で第1ゲームを落としてしまう。高校時代には相手にならなかった後輩たちの大きな成長を目の当たりにした武井・遠藤組。それでも「これからが勝負」(遠藤)と焦ることなく迎えた第2ゲーム。緩急のあるラリーが展開されるも、相手の攻めの姿勢には動じなかった。一切スキを見せず自分たちの得点を量産。一度もリードを譲らず、21―11で第3ゲームに持ち込んだ。第1、2ゲーム目よりもコートを幅広く使い、相手を左右に揺さぶる。お互いが先を読みながら足を止めずに素早く反応。中盤では相手に追い付かれる場面もあったが、そんなときこそ声を掛け合い、差が開かないうちに逆転。マッチポイントに近づいても油断せず、21―17で勝利を収めた。

 

 インカレ団体戦の決勝でも、相手に第1ゲームを取られていた武井・遠藤組。その時も決して後ろ向きにならずに戦うことで勝利していた。経験を味方に、1試合ずつ目の前の相手と向き合う。準決勝は「本気の挑戦者の気持ちで」(遠藤)。勢いではなく着実に勝ち進み、決勝への道を切り開く。

 

[守屋沙弥香]

 

試合後のコメント

遠藤

――準決勝に向けての意気込みをお願いします。

 「今まで挑戦者という気持ちで挑んできていましたが、今回の後輩もそうですが、実際勝たなければいけない相手もいて、前の試合も自分たちの就職のために勝たなければいけない相手でした。ですが、ここまできたらうそではなくて本気の挑戦者の気持ちで、出せるものを出し切りたいと思います」

 

武井

――対戦相手は高校時代の後輩でしたが、いかがですか。

 「大学生と実業団は練習環境も練習する相手も違って、『いつ越されるかな』とこわい部分もありますが、年下の人たちには負けたくないという意地もあって練習を頑張れているところもあるので、負けないようにやっていきたいです」

 

――準決勝進出を決めた今の気持ちを教えてください。

 「目標は優勝ですが、どの試合でも強い相手に当たるので、1試合1試合頑張って、明日の準決勝を本気で戦おうと思っています。とりあえずベスト4に入れて良かったです」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読