宿敵・山梨学大に敗れる リーグ戦でのリベンジ誓う/全日本学生選手権

ホッケー 2021.11.04

 11月3日に行われた全日本学生選手権3位決定戦。今年度関東春季1部リーグ戦決勝でSO(シュートアウト)戦の末敗れた山梨学大との対戦となった。リベンジするべく試合に臨むも、第2Qに失点。後半本来のプレーを取り戻すも得点につなげることはできず。明大は4位で大会を終えた。

 

テーブル

自動的に生成された説明

 

 序盤に主導権を握られた。立ち上がり、山梨学大の鋭い攻撃に苦戦。立て続けにPC(ペナルティーコーナー)を与えてしまう。明大はGK坂本樹哉(法1=飯能南)を中心に堅い守りを見せるも防戦一方に。攻め手に欠け、嫌な流れが続いた。迎えた第2Q10分、「気持ちが一瞬切れたところを相手のセットプレーでやられてしまった」(大嶋鴻太主将・商4=今市)。一瞬のスキを突かれ、PCからの得点を許してしまう。

 

 追い込まれた後半、明大は怒涛(どとう)の巻き返しを図る。第3Q、今試合初のPCを獲得し決定機を演出。勢いに乗るとFW加藤大椰(文4=今市)やMF森紘之(法4=天理)といった経験豊富な上級生を中心に攻撃を展開。「落ち着いてつなげるようになった」(大岡凌磨・政経2=今市)。明大本来の〝つなぐホッケー〟で何度もゴールを脅かす。守備でも前半に続き坂本が奮闘。第4Qにはビッグセーブもあり、山梨学大の攻撃をシャットアウトした。「(前半の)1点で勝敗が決まってしまった」(坂本)と前半の失点がそのまま決勝点に。1点の差に泣くこととなった。

 

 結果は4位。惜しくも昨年度の順位を下回る結果になり苦汁を飲んだ。しかし、収穫も得られた。「修正力は随所に見られた」(大嶋)と、大会を通して後半の修正力の高さが光った。関東学生秋季リーグ戦、全日本選手権とまだ大会は残っている。今回得た収穫と課題をどう生かすか。紫紺の勇者たちの研鑽(けんさん)は終わらない。

 

[菊地隼人]

 

試合後のコメント

小池文彦監督

――全日本選手権はどう考えていますか。

 「社会人チームはゲームコントロールがうまいので、うちは学生らしく走って勝つようなプレーをしていきたいと思います」

 

――今後はどのような練習をしていきますか。

 「やはりセットプレーの強化です。確実に得点につなげられるように、集中して練習させたいと思います」

 

大嶋

――今日の試合を振り返っていかがでしたか。

 「最初は後手に回ってしまって、かなりPCを取られた部分がありました。天理大相手にしっかり守り切って戦えたという自信もあったので、後半は積極的にできたのですが、やはり1点が遠かったという内容になってしまいました」

 

――この大会全体を通していかがでしたか。

 「天理大には負けてしまいましたが、春よりも確実にインカレの方がいい内容でした。その勢いのまま山梨学大に対して挑んだのですが、自分たちがやるべきことをやった上で結果が付いてこなかったということは真摯(しんし)に受け止めなければいけないと思います。まだ僕たちは終わりではなくて関東秋季1部リーグ戦、全日本選手権が残っています。そこに向けて出た課題や収穫をもとにチームの強みを伸ばしたり、弱みを補ったりしていきたいです」

 

大岡

――後半から積極的に攻撃できていたと思うのですが、意識の変化はありましたか。

 「残り30分だったので『やり切るしかないぞ』というメンバーの気持ちが伝わってきて、そういったところが積極的な攻撃につながっていたと思います」

 

――得点を決め切れなかったことについて、課題は何だと思われますか。

 「一人一人のポジショニングや、1人が持ちすぎてしまう部分です。パスを出せるところで出さないという場面もあったのでシュートの数も少なくなってしまったと思います。今後はもう少しシュートの回数を増やしていきたいです」

 

坂本

――試合を通して、ご自身のプレーをどう評価しますか。

 「今回の試合はPCで取られてしまった1本を除けばいいプレーが多かったと思います。またコーチングの場面でも、大きく外されてのタッチやシュートを打たれるということはそれほどなかったのでそれも良かったと思います」

 

――今後の課題は何がありますか。

 「枠をとらえたシュートに対してコースがいいと反応が遅れてしまうので、その点は自分の課題だと思います」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読