塚本舞生/秋季リーグ戦開幕直前特集 4年生インタビュー

バスケットボール(男子) 2021.09.13

 ついにラストシーズンとなった。今年度の4年生は2年次に2部落ち、3年次は新型コロナウィルスによって秋季リーグ戦が中止となり苦難の大学バスケット生活を過ごしてきている。既に2大会の中止が発表されている今年度。経験不足を危ぶまれる中で果たしてチームを最高の舞台に連れて行くことはできるのか。今回は最後のリーグ戦、そしてインカレ出場をかけて闘志を燃やす最上級生たちにインタビューを行った。

※第9弾は塚本舞生(政経4=明成)選手です。このインタビューは9月1日に行われたものです。


――秋季リーグに向けて個人、もしくはチームの状態の仕上がりについて教えてください。
 
 「個人としてはちょっとけがに悩まされるとかがありますが最後だからというのもあって昨年とか一昨年に比べたらいいモチベーションでできています。チームとしてはコロナ禍っていうのもあり、予定されていた練習試合がほとんどなくなって土日の練習も敵とやらずにチーム内でゲームって形でやることが増えて、そこでやはり不満じゃないですけどチームとしてはリーグ前に練習試合ができないというのはマイナスになっちゃいますね。トーナメント終わってからは一試合もできていないです」


――昨年度のオータムカップは準優勝、この時点で来季の課題は見えていましたか。
 
 「自分たちのバスケをするというのもそうなんですけれど今年の2部って留学生が居るチームが多くて、昨年もインカレチャレンジマッチは留学生の居る拓大に勝って、インカレでは留学生がいる白鴎大に負けている。どうしてもうちはサイズがないので留学生のところをどう抑えるのかっていうのがチーム内でもずっと課題になっていますね」


 ――代として行ってきたことは何かありますか。
  「やはりいろいろな場面で迷惑をかけてきましたが、PGとしてチームを勝たせるところに全て僕のやるべき仕事は置いているので、練習などで迷惑をかけてきた部分を試合のとき、流れが悪いときとか辛いときに救うことが僕の何が何でも譲れないところですね」


 ――春季トーナメント戦では下級生の活躍が多く見受けられました。秋季にもその力は必要になってきますか。
 
 「下級生に強い、試合に出るメンバーが多というのは明治にとっては嬉しいことですし、その分僕らが引っ張らなきゃいけないなとも思います。ただ練習中でも助けてもらうことは多いです」


 ――チームの鍵となる選手はいますか。
  「1年生だと越田(大翔・政経1=明成)、2年生なら田邊(太一・情コミ2=福岡大大濠)。この190センチある2人には注目しています」


 ――ラストシーズンとなります。最後にかける意気込みを教えてください。
 
 「コロナ禍で、すごくいろいろな人に助けられてリーグ戦もできるのでそこに感謝をして、それと共にチームで昨年一昨年に比べれば自分のプレータイムも増えるのでそこでスタッツを気にするというよりは一つでもチームを勝たせる。チームの苦しいときに勝たせるっていうのが僕の仕事であり、そこが一番見てほしいので、注目してくださったら嬉しいです」

 

――ありがとうございました

 

[菊地秋斗]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読