戸堀春輝/秋季リーグ戦開幕直前特集 4年生インタビュー

バスケットボール(男子) 2021.09.12

 ついにラストシーズンとなった。今年度の4年生は2年次に2部落ち、3年次は新型コロナウィルスによって秋季リーグ戦が中止となり苦難の大学バスケット生活を過ごしてきている。既に2大会の中止が発表されている今年度。経験不足を危ぶまれる中で果たしてチームを最高の舞台に連れて行くことはできるのか。今回は最後のリーグ戦、そしてインカレ出場をかけて闘志を燃やす最上級生たちにインタビューを行った。

※第6弾は戸堀春輝(営4=國學院久我山)選手です。このインタビューは9月2日に行われたものです。

 

――秋季リーグ戦に向けて個人、もしくはチームの状態の仕上がりについて教えてください。
 
 「自分も1、2、3年生のときはあまり試合に出ていなくて試合慣れというところでは他の選手に劣る部分もあるのですが得点能力に関してはかなりある方だとは思っています。そこは役割としてすごく意識しているのですが逆にディフェンス面がかなり自分の中では問題になっていて、そこをリーグ戦までに強化している途中なので得点能力は期待してみてもらえればなという感じです。現状他のチームとの練習試合で力を試すようなことはできないのですが、自分の中では練習自体も質の高いものができていますしチーム内の競争も、すごく活発なので全体としてはすごく仕上がりが良くなったと感じています」

 

――今競い合っている選手はいますか。

「ポジションは、4番なので2年の結城(智史・営2=土浦日大)や3年の佐藤(大介・国際3=駒大苫小牧)ですね。自分のポジションより他のポジションがかなり目立って激しいですね」


――昨年度のオータムカップは準優勝、この時点で来季の課題は見えていましたか。
 
 「課題といいますか、明大のチームはやはりオフェンス能力がかなりないような状況になっていて毎試合の得点が低くて、今年はオフェンス面に関しては自分たちである程度システムを作って得点を重ねられるように工夫しています」


――代として行ってきたことは何かありますか。
  「これといったことはないですが、全員で協力してやっていくというのもあるのですが自分たちが引っ張って全力で取り組めるようにはしてました」


――春季トーナメント戦では下級生の活躍が多く見受けられました。秋季にもその力は必要になってきますか。
 
 「昨年度から出ている田邊(太一・情コミ2=福岡大大濠)とかだったりとか今年から入ってきた平松(克樹・情コミ1=福岡大大濠)とかだったり、越田(大翔・政経1=明成)もそうなのですがそういった試合に絡んでくる選手が多いと思うのですが頼りきりはよくないと思います。ただそういった新しい力もどんどん取り入れていって相乗効果で上がって行けたらいいなとは考えています」


――チームの鍵となる選手はいますか。
  「頼りにしているのはもちろん常田(耕平主将・政経4=正智深谷)もそうですが5番(C)で出ている中村(吏・法4=正智深谷)ですかね。1,2年の時は、あまり出てなくて3年からなのですが今では主力でチームの得点の要になっていて、やはり5番のポジションが安定しているチームは強いと思うので中村がカギになると考えています」


――ラストシーズンとなります。最後にかける意気込みを教えてください。
 
 「現状2部っていうところで今年は昇格もあるので来年に向けてっていうのもありますしインカレに向けても上位入賞していけたらと思います」

 

――ありがとうございました

 

[菊地秋斗]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読