試合後インタビュー 宮坂倖乃/ジャパンオープン

水泳(競泳) 2021.06.12

 ジャパンオープン2021が6月3日~6日に開催された。宮坂倖乃(法3=春日部共栄)は50メートル、100メートル、200メートル平泳ぎで決勝に出場し、順に3位、5位、4位という成績を残した。今回は見事表彰台入りを果たした宮坂のインタビューをお届けする。

(この取材は6月9日に行われたものです)

 

◆6・3~6 ジャパンオープン(千葉県国際総合水泳場)

▼女子50メートル平泳ぎ 

 3位 宮坂 31秒40

▼女子100メートル平泳ぎ 

 5位 宮坂 1分08秒40

▼女子200メートル平泳ぎ

 4位 宮坂 2分26秒85

 

――今大会を振り返ってみていかがでしたか。

 「今大会は特別いい結果を出そうという大会ではなく、練習をしながら出場する大会であったため、正直出場する前はどのくらいのタイムが出るのか不安でしたが、タイムがそこまで速くなかったという状況でも確実に決勝に残り、戦える実力がついたということが分かったため、とても自信になりました」

 

――どのような目標を持って臨みましたか。

「今大会はタイムを狙うというよりも練習のような感じを意識していたため、自分の苦手な飛び込みやターンなどをうまく決められるようにと思い臨みました」

 

――どのような練習をしてきましたか。

 「4月の日本選手権で、自分に足りないのは飛び込みやターン後の一かき一蹴りというところが他の代表選手に比べて劣っていると感じたため今はそこでトップ選手に離されないようにするためにいろいろと試しながら練習をしています」

 

――大会では緊張する方ですか。

 「結構緊張するタイプです。4月の日本選手権でも試合の1週間前からかなり緊張していました。しかし今回はあまり緊張せず楽しむことができました」

 

――今大会の結果はどのように感じていますか。

 「自分がどのような状況であっても確実に決勝に残ることができたし、大幅に遅いタイムというわけでもなかったため、自分の実力が底上げできていると感じ、自信になりました」

 

――前回の大会と比べてみていかがでしたか。

 「日本選手権はかなり自分を追い込み精神的にも少し苦しい大会でしたが、今回は純粋にレースを楽しめた大会だったので良かったと思います」

 

――今後どこを強化していきたいですか。

 「泳ぎの部分では自信があるのですが、前回の大会から自分で課題だと思っているのは、トップ選手に比べるとやはり細かい技術などが劣っているということです。そのため、そこの部分について自信を持ってできるように練習していきたいと思っています」

 

――今後の目標を教えてください。

 「今後は、まず10月のインカレが直近では1番大きな大会になるので、そこでベストタイムで優勝し、その後来年の世界水泳の代表に入れるように3月の代表選考会に向けて頑張っていきたいです」

 

――ありがとうございました。

 

[清水優芽]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読