1500メートルで佐久間、1万メートルWで古賀が優勝!/日本学生個人選手権

競走 2021.06.07

 昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止となった日本学生個人選手権(以下、学生個人)。男子1500メートルに出場した佐久間秀徳(商4=国学院久我山)、男子1万メートルWに出場した古賀友太(商4=大牟田)が共に優勝を飾った。

 

※今回の内容は試合後、選手の方々に電話にて取材したものとなっております。

 

6・4~6 日本学生個人選手権(レモンガススタジアム平塚)

▼男子1500メートル決勝

1位 佐久間 3分51秒89

 

▼男子1万メートルW決勝

1位 古賀 40分16秒88

7位  清水 42分19秒31

17位 小林 43分50秒58

 

 戦略的にレースを進めた。佐久間は中盤まで集団の中で力をため、持ち前のスパートを発揮。先頭の谷澤(中大)をラスト100メートルで追い抜き、フィニッシュ。「ラストが切れたのは良かった」(佐久間)。悪天候の中、地元でつかんだ優勝。今後の走りにも期待がかかる。

 

 「今まで経験したことないくらいの強風だった」(古賀)。そのため、当初は38分台を目標としていたがフォームの意識を優先した。しかし、学生競歩界をけん引する明大のエースは、圧倒的な強さで序盤から独歩態勢に。その後も1キロ4分10秒前後のペースで失速することなく、安定した歩きを見せた。古賀は2位と1分以上の差をつけて見事優勝。また、清水海地(理工2=長野日大)はトラックの自己ベストを更新。日本学生対校選手権(以下、全日本インカレ)の標準記録も突破した。

 

 関東学生対校選手権の勢いをそのままに、学生個人でも活躍を見せた明大競走部。今月末に行われる日本選手権と9月の全日本インカレが今後の主要な大会となる。「後輩たちであったり周りの大学の方々だったり、応援してくださる関係者の方々に強い姿を見せたい」(古賀)。次なるステージでも紫紺から目が離せない。

 

[桑原涼也]

 

試合後のコメント

古賀

――雨がひどい中での大会になりました。

 「雨というよりも風が結構きつく感じて、雨だけだったら気温が低くて楽だったのですが、向かい風の時に体が進まないというか、持っていかれるような感じを毎回受けていたので、そこがしんどかったですね」

 

――天候から、目標設定も下方修正した感じですか。

 「コンディションがあまり良くないというのは分かっていたのですが、その中でも行けるところまで行こうと最初は思っていたのですが、序盤の方は風も強くて、これはもう無理だなと感じたので、目標は修正してまた別のところという感じでしたね」

 

――今回他に出場した清水選手、小林選手(亮太・営2=東海大諏訪)についていかがですか。

 「清水に関しては今回トラックの自己ベストが出ましたよね。かなりコンディションが悪い中だったのですが、その中で自己ベストが出せるということは力がついているのだなと思います。小林に関しては、今回のトラックレースでは課題を感じるところがあったと思うのですが、トラックレースに明治の選手として出場したことが大きい一歩だと思うので、今後も練習積んで大会に出られればおのずとタイムが出てくると思うので、2人とも今後は期待できると思います」

 

佐久間

――本日のレースを振り返っていかがでしたか。

 「目的としては日本選手権に向けてこれまで故障してきたので、日本選手権への足掛かりとなるような、何か勝負勘を取り戻すようなそういったレースにしようと考えていて、その目標を達成することができたのでかったのかなと考えています」

 

――ラストイヤーということで一つ一つの大会が大事になってきますが、それを踏まえた上で今後への意気込みをお願いします。

 「目標として1500メートルから箱根駅伝まで全てオールラウンダーとして活躍したいというところを目標にしていますので、まずは6月の終わりの日本選手権で結果を出すというところとその先の箱根や、そういった部分でチームに貢献していくことを意気込みとしています」

 

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読