吉田明・岡垣組ベスト4入り逃す/関東学生トーナメント6日目

硬式庭球 2021.06.03

 関東学生トーナメント6日目。優勝を狙う女子ダブルスでは、吉田明日香(政経4=四日市商)・岡垣穂香(国際3=岡山学芸館)組が出場。健闘むなしくベスト8と悔しさの残る結果に終わった。1勝すればインカレの本戦出場が決まる女子シングルスコンソレーションでは、明大対決を岡垣が制した。

 

◆5・24〜6・7 関東学生トーナメント(早大東伏見コート他)※無観客で実施

▼6・3

[男子シングルスコンソレ1回戦](インカレ予選決め)

 ○宮永 2{4-1、4-1}0 橋田(日大)

 ○藤川 2{4-5、4-1、11-9}1 村田(法大)

  坂井 0{2-4、1-4}2 清水(早大)○

[男子ダブルスコンソレ1回戦](インカレ予選決め)

 ○徳・宮永組 2{5-3、4-1}0 片山・野中組(筑波大)

 ○野田・坂井組 2{3-5、5-4、10―8}1 高木・脇坂組(慶大)

[女子シングルスコンソレ1回戦](インカレ本戦決め)

 ○岡垣 2{4-0、4-2}0 竹本

 ○稲葉 2{5-3、4-1}0 原田(山梨学大)

 ○鈴木 2{4-0、4-1}0 丸(駒大)

[女子シングルスコンソレ1回戦](インカレ予選決め)

 ○南口 2{4-2、4-1}0 狐塚(山梨学大)

[女子ダブルス4回戦]

  吉田明・岡垣組 0{4-6、3-6}2 鈴木・芝田組(山梨学大)○

[女子ダブルスコンソレ1回戦](インカレ本戦決め)

 ○南口・吉田華組 2{1-4、4-1、10―4}1 松田・木村組(立大)

[女子ダブルスコンソレ1回戦](インカレ予選決め)

 ○大沼・鈴木組 2{4-0、4-2}0 蛸井・山﨑組(法大)

 

【女子ダブルス4回戦:吉田明・岡垣VS鈴木沙也伽・芝田詩歩(山梨学大)】

 ベスト4進出を懸けた4回戦。積極的にポーチに出る相手に「後衛はストロークでガンガン攻めて、前衛が決める」(吉田明)作戦の吉田明・岡垣ペアは苦戦を強いられた。出だし不調であった第1セットは1-4という苦しい状況に追い込まれる。しかし3ゲーム連取し4-4に追いついた。「このままでは終われない、と思って絶対挽回したかった」(岡垣)。だが岡垣に流れを渡し、第1セットを奪われた。続く第2セット序盤は3-1と有利な展開に持ち込むも、積極的に仕掛ける相手に押され3-6で試合終了。ベスト8まで上り詰めたが、優勝を目指していただけに悔いの残る結果となった。


【女子シングルスコンソレーション:岡垣穂香VS竹本萌乃(政経3=高松北)】

 勝てばインカレ本選出場が決まるコンソレーション。明大対決には「いつも頑張る姿を見ている分やりづらさもあった」(岡垣)。第1セット、竹本はミスが続き相手に翻弄される。一方岡垣は冷静にミスのないプレーを続け、4ゲームを連取し第1セットを獲得した。つかんだ流れは手放さず、岡垣が第2セットも3―0と主導権を握る。しかしこのままでは終われない。竹本は攻めの姿勢を貫き、鋭いショットを連発する。また的確なコントロールで相手を振り回し、粘りのプレーで2ゲームを獲得した。しかし最後は岡垣が4-2で逃げ切り勝利。同学年の明大対決は岡垣に軍配が上がった。

 

 明大勢残るは女子シングルスの徳安莉菜(文2=野田学園)のみ。初の女子部タイトル獲得に向け成長した姿を見せる。サーブを武器に自分のプレーを貫けるかがカギとなりそうだ。

 

[萩原彩水、春木花穂]

 

試合後のコメント

吉田明

――今日の試合を振り返ってみていかがですか。

 「今日は自分のテニスが全くできない状態で、少し調子も悪くて崩れてしまいました。途中2人で前向きな言葉を掛け合いながらやりましたが、やはり大事なところでミスが出てしまったのが敗因だと思っています」

 

――今後の目標と意気込みをお願いします。

 「4年生で全部が最後の試合になるので、インカレでは単複絶対優勝するためにあと2ヶ月しっかり追い込んで、最後に優勝できるように頑張ります。リーグ戦では明治を背負えるような選手になれるように頑張ります」

 

岡垣

――(ダブルスについて)課題は見つかりましたか。

 「相手のような前衛の動きや、ラリーがもっとできたらよかったなと思います」

 

――今後の目標をお聞かせください。

 「インカレでいい成績を残したいです。とりあえずベスト8には入りたいです」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読