好機で快音響かず 優勝に向けて痛い連敗/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2021.04.25

 流れをつかむことができなかった。今春初先発の髙橋聖人投手(商4=小諸商)は、初回こそ2点を許すもその後はテンポの良い投球で慶大打線を抑え込む。しかし、打線は好機で4番・上田希由翔内野手(国際2=愛産大三河)に1本が出ず。優勝に向けて痛い2敗目を喫した。



(明)●髙橋、石原、米原、渡部翔―植田

(慶)○増居、森田、橋本達―福井

【安】(明)7(慶)12

【二】(明)植田(4回) (慶)廣瀬2(1、9回)、正木(1回)、下山(8回)

(明)◇犠打1 山田陸(4回) ◇併殺2 ◇残塁10 ◇盗塁1 村松(3回) ◇失策3


 あと1本が出なかった。今春、3試合連続で2桁安打と好調を維持している明大打線。この日も序盤から安打と四球で好機をつくる。2点を追う4回裏、先頭の植田理久都捕手(国際4=高松商)が二塁打で出塁。内野ゴロの隙に三塁に進むと、山田陸人内野手(法3=桐光学園)が犠飛を放ち1点を取り返す。その後も幾度となく得点圏に走者を進めるも、得点にはつながらず。無観客の神宮に明大打線の快音は響かなかった。

 中継ぎ陣の結果は明暗分かれた。2番手の石原勇輝投手(商2=広陵)は要所を締める投球で2回を無失点。気迫の投球を見せた。一方、米原大地投手(情コミ4=八王子)と渡部翔太郎投手(総合3=千葉黎明)は慶大打線に共に1失点。絶対的エース不在の明大には、中継ぎ陣の安定感がカギを握る。


 慶大を相手に、連敗に終わった明大。1回戦では7つ、2回戦では10つの残塁と、あと一打が遠かった。植田や篠原翔太内野手(政経4=報徳学園)を中心に主軸は好調を見せるも、4番の上田は2試合で無安打。「打たなきゃいけない」(上田)。チームの勝利に主砲の復活は不可欠だ。

 

 次戦は好投手率いる法大。「明大らしく野球をやる」(丸山和郁主将・商4=前橋育英)。優勝に向けてこれ以上の負けは許されない。明大の粘りで、ここからの〝逆襲〟に期待したい。

 

[野口優斗]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読