(1)試合後インタビュー 三浦圭/全日本学生選手権大学対抗戦

ボードセーリング 2021.03.21

 平成7年度の創部以来、初となる全日本学生選手権大学対抗戦での3連覇を成し遂げた明大。本記事ではそんな偉業を成し遂げた選手たちの声をお届けする。

 

三浦圭(法3=星)

――3連覇を振り返っていかがですか。

 「無事3連覇できた喜びがすごく大きいのと、同時に先輩がいなくなる寂しさが強いです。レースとしては、正直に言ったら、二つの大学の争いだったと思うのですが、絶対に失敗できない状況っていうのが何回もありました。そこできちんと自分の仕事が果たせたかなと思います」

 

――このインカレまでにどのような練習に力を入れてきましたか。

 「僕は以前から、風が弱い時と強い時に他の人たちよりも速くて、関東学院の人たちにも負ける自信はその二つはなくて。逆に中途半端な風のときにあまり自信がなくて、そこの練習に力を入れていました。ウインドサーフィンは軽いと中途半端な風が速いのですが、僕は少しがたいが大きくて、重たい部類に入るので、そこの風が厳しくて。そこに向けてダイエットしたり、というようなことはしました」

 

――レース中に疲れは出ましたか。

 「まず、疲れるところは初日の1レース目。腕がぱんぱんになって乳酸たまって、セイルを持つところがあるのですが、そこが持てないというか。引っ掛けて持つのが開いてきちゃうくらい腕がぱんぱんになりました。逆に初日の2、3(レース目)とかは楽にレースができて4本目は疲労でやばかったです。初日の1レース目は緊張で体固まってて、思うように体が動かないつらさがありました」

 

――カギとなったレースは。

 「最終日の2本目。1、2位は取られたのですが、池拓(池田拓海・関東学大)と関(港大・関東学大)に。3、4位で僕と健星(池田・法4=逗子)さんが入ってきて、その後、考太(鈴木・国際4=明大明治)さんが関東学院の3番手をまくってゴールした時があって、その時は負けないなと思いました。リザルトを見てもその3人目がリコール(フライング)で爆弾抱えていて、そのレースかなと思います」

 

――大会全体での収穫、課題は。

 「僕が苦手な風域を頑張ってきたつもりでしたが、まだまだ足りていないということが分かったので、今の状況に満足せず、これからもっと頑張っていかないとなと思いました」

 

――他の2人の走りを見てどう思いましたか。

 「頼もしいなってずっと見ていました。やっぱりレースに取り組む姿勢というのが僕たちと少し違っていて、僕よりも、周りの人よりも勝利に貪欲というか、勝つことを意識しつつ最後のレースを楽しんでいるように見えました。多分、どの大学よりも練習したという自信があったので、楽に楽しむようにレースができたのかなと見ていて思いました」

 

――4年生はどのような学年でしたか。

 「きっちり、ちゃんとする時にはちゃんとしていて、でもふざける時には誰よりもふざけるような人たちだったので、すごく楽しかったです。すごく憧れるような先輩たちで、そういう先輩になりたいなと思えるような先輩たちでした」

 

――来年度の目標は。

 「個人、団体と共に優勝することです。4連覇目指して頑張ります」

 

――ありがとうございました。

 

[金井遥香]

 

※写真は明大ボードセーリング部提供


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読