社会人チーム撃破ならず 橋本世代引退/全日本選手権

ホッケー 2020.12.04

 日本一への壁は高かった。秋季リーグ優勝を経て迎えた今大会。初戦の相手は社会人チームの強豪・LIEBE栃木。日本代表選手も多数在籍する強豪相手に8-1と完敗し、4年生は引退となった。

 

 

 「こんなにぼろぼろに負けたのは初めて」。DF橋本岳樹主将(文4=山梨学院)は振り返った。今季、公式戦では失点を2点以内に抑え、安定した守りを見せていた明大。しかし、社会人2位の強豪を前に鉄壁は崩れた。「個人技もあるし球離れが速い」(小池文彦監督)。相手のスピードのある攻撃に対応できず、序盤からPC(ペナルティーコーナー)で失点。「いつも守備で取れているところが取れなかった」(橋本主将)とDFからリズムを作ることができず、持ち前のパスホッケーが機能しなかった。第4Q、DF小林弘人(政経2=今市)がPCを決め一矢報いたが、最終スコアは8-1。社会人との差を痛感した。

 

(写真:得点を決めガッツポーズする小林)


 この試合で4年生は引退。悔しい敗戦となったが「本当にいい4年間でした」(橋本主将)。コロナ禍で練習環境が整わない中でも、秋季リーグ戦優勝、インカレ3位と結果を残してきた最上級生。自他ともに認める「仲の良い学年」が引っ張ることで、チームは自然と明るくなった。心残りは全国でのタイトルを取れなかったこと。「今日のこの経験を生かしてほしい」(MF鵜飼聡太・政経4=丹生)。悲願は後輩たちが果たしてみせる。

 

[中野拓土]

 

(写真:最後は笑顔で記念撮影)


試合後のコメント

宮田知総監督

――引退する4年生へメッセージをお願いします。

 「4年間よく頑張ってくれたと思うし、特にコロナで大変な中、よくまとまって頑張ってくました。リーグ戦の決勝も山梨学院からかなりプレッシャーを受けてたみたいなんですけど、我慢してやってくれたので褒めてあげたいです」

 

小池監督

――試合を終えて今のお気持ちをお願いします。

 「流れが作れなかったです。相手のPCの精度も高かったですし、日本代表を半分以上集めているチームなので個人技もあるし、球離れも速いのでそこに対応できなかったです。1枚も2枚も相手の方が上でした」

 

橋本主将

――4年間を振り返っていかがですか。

 「ありがたいことに1年生から試合に出させてもらったんですけど、3、4年生のときにけがが多くてもうちょっとケアしとけば良かったなと思います。試合自体は今日以外はずっといい試合ができました。うちは結構ギリギリの勝負をするんですけど、そういう試合展開の中で競りながらも頑張ってるときが一番楽しかったです。本当にいい4年間でした」

 

――改めて今年のチームはどのようなチームになりましたか。

 「やる時はやるというチームで、ふざけられる人も集中できる人もいて、本当にバランスが良いチーム、まとまっているチームになりました。とても面白い1年でした」

 

鵜飼

――試合を振り返っていかがですか。

 「8-1は正直、後悔が残る形ではあります。自分たちの力が発揮できなかった部分はあるなと思います。本当に強かったです(笑)。基礎技術だったりスピードだったり戦略だったり全部上をいかれていたので、あれは明治が参考にすべきホッケーだと思います。来年はあのレベルを目指してやってほしいです」

 

GK野井辰真(法4=伊予)

――後輩たちに一言お願いします。

 「明治ってめちゃくちゃ強いわけではなく、弱い中で強い相手を倒していこうっていう反骨精神があるので、そういったところは忘れずにやっていってくれたらなと思います。そしたら全日本でも勝てるようなチームになれるんじゃないかなと思います」

 

DF大島鴻太(商3=今市)

――来年への意気込みをお願いします。

 「4年生がしっかり引っ張っていかなきゃいけない年になりますし、自分たちの集大成でもあるので、今まで見てきた中で一番いいチームを作れるように頑張ります」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読