福井工大にリベンジ! 3年ぶりのインカレ3位/全日本学生選手権

ホッケー 2020.11.04

 前日の試合でのアクシデントにより、DF古川裕大(政経3=伊万里商)ら主力選手を欠いて迎えた3位決定戦。相手は福井工大と、昨年の同大会3位決定戦と同カード。SO(シュートアウト)戦までもつれた激闘を制し、3年ぶりのインカレ3位に輝いた。



 先制パンチは紫紺から。試合開始3分でFW大森行洋(商2=伊吹)がこぼれ球を押し込むと「前への意識が結果に結びついた」と小池文彦監督もニッコリ。それでも、簡単には勝たせてもらえないのがインカレ。第1Q13分に相手のタッチシュートで失点を許し、互角の展開が続いた。再び試合が動いたのは第4Q。開始早々「得意な形」とMF森紘之(法3=天理)が倒れ込みながら相手の隙間を抜く一打で勝ち越しに成功。勝負ありかと思われたが、9分にまたもや失点を許し、SO戦へともつれ込んだ。


 緊迫した雰囲気の中「練習からSOには自信があった」(DF小林弘人・政経2=今市)と、明大には余裕があった。森ら4人が連続でゴールを決めると、GK野井辰真(法4=伊予)がファインセーブを連発し、4―2で勝利。3年ぶりのインカレ3位に輝いた。

 残る試合は秋季リーグ決勝と全日本選手権のみ。故障者が多い中、少しでも万全の状態で臨み、有終の美を飾りたい。


[中野拓土]


試合後のコメント

小池監督

――けが人が多かった中でも勝ち切れた要因は何でしょうか。

 「少しずつ底上げができていて、特に1年生の活躍が目立っています。今日もDF高松雄飛(法1=丹生)とDF三松勢矢(営1=今市)をメンバーに置いて、そこがしっかりと守ってくれました」


――福井工大は昨年のインカレ3位決定戦で敗れた相手。リベンジを果たしました。

 「気を付けたのが最初のQの立ち上がりで失点をしないこと、引かないで前でやること、FWからプレッシャーをかけていこうということです。あとは相手の右からの攻撃に気を付けるよう指示しました」


DF橋本岳樹主将(文4=山梨学院)

――試合を振り返っていかがですか。

 「出たかったというのが一番大きいです(笑)。でも4年間やってきて福井工大に1回も勝てていなかったので、今日勝ててめちゃくちゃ嬉しかったです」


MF鵜飼聡太(政経4=丹生)

――ゲームキャプテンとして臨んだ今大会。振り返っていかがですか。

 「後輩たちがすごく働いてくれたなと思います。4年生が不在の中で3年生と2年生頑張れよと小池監督から話があって、プレッシャーがある中でもしっかりやってくれました」


野井

――SO戦では緊張しましたか。

 「緊張は今回はなかったです。今日はすごく足が動いていました。しかも森が1本目決めてくれたので余裕でした(笑)」


――第1Qも第4Qも早い時間に得点できました。

 「そこについては最初の5分で集中して、スピーディーに攻撃に絡めたなと思います」


――全日本選手権は地元の岡山で開催です。

「もうめちゃくちゃ盛り上げていきます」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読