チーム屈指の守備職人 小泉徹平内野手/東京六大学春季リーグ戦展望

硬式野球 2020.08.06

※例年4月の新入生歓迎号にて扱っております硬式野球部特集ですが、今年度は新型コロナウイルスの影響で発行を見送らせていただいております。そこで今回は4月に向け作成しておりました記事の一部をWEBにて公開させていただきます。

 

 

 「しょうがないという気持ちだった」。小泉徹平内野手(商3=聖光学院)は、内野ならどこでも守ることかできる高い守備力が持ち味の選手だ。1年次からリーグ戦に数多く出場し、昨年度の夏季オープン戦では初のレギュラー入りへ猛アピール。JX-ENEOS(現ENEOS)との試合では先制本塁打を放つなど打撃面でも結果を残した。しかし「チャンスをつかみとれなかった」。けがに見舞われ、目前まで迫っていたレギュラー獲得ならず。そのまま昨秋リーグ戦はベンチ入りもできず、悔しさが募った。「気持ちを切り替えるしかない」。冬場の練習ではウエイトトレーニングに励み、体を強化。「打球や体の強さが増した」と確かな手ごたえをつかんだ冬になった。

 小泉は誰よりも仲間との競争を大切にしている。「互いに切磋琢磨しなくてはいけない」とライバルを常に意識。内野手の定位置争いは激しいが「皆で高め合えば、自然とチーム力は上がる」。リーグ戦開幕が間近に迫る中、チーム力の底上げは必須。チームとしても個人としても更にレベルアップし、最高の1年にしたい。

 

[久野稜太]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読