「かわいくて大好きなみんなが悔いのないように」 小川綾子 第67回定期演奏会・第65回紫紺の集い直前インタビュー

応援団 2019.12.21

 最後の幕が上がる。4年生にとっては最後の舞台となる定期演奏会・紫紺の集いが、今年度は12月23日に府中の森芸術劇場にて開催される。今回は引退を間近に控えた4年生に今の気持ちを伺った。ステージ企画を務める小川綾子(商4=星野)のインタビューです。(この取材は12月14日に行われたものです)

 

――リハーサルを終えて感想をお願いします

 「定期演奏会が4学年でやる最後のステージになるんですけど、チアリーディングステージというのは今日で見せられる形にはできたと思います。ですが、まだまだもっとみんなが楽しんでできるようなステージ作りができると思いました」

 

――ステージ企画という役職についた理由を教えてください。

 「これまでの3年間でステージ企画の先輩を見ていてすごく楽しそうで、最後の定期演奏会をどれだけみんなのモチベーションを上げられるか、最高のステージにできるかを考える姿がかっこよくて、自分もそうなりたいなと思ったのが理由です」

 

――1年間務めてみていかがですか。

 「きつかったです(笑)。当事者になったからこそ、みんなが敵に思えるときがありました。ステージがうまくいかなくても、コメントするのは私です。同期を含めてチームメンバーのテンションも変わりますし、すごく重圧を感じました。あとは運営でもミスをしたり穴があったりすると成り立たないので本番までの緊張感は今までの活動では感じています」

 

――つらかったことはありますか。

 「ステージの通し練習が始まったあたりです。絶対に最初はうまくいかないので、直す部分もたくさんあってどこから直せばいいかわからない状態でした。でも客観的に見れるのは私しかいません。できなかったときに叱るだけではチアの子たちはモチベーションやテンションが低くなってしまうだけで、絶対技術の向上にはつながらないと思っていました」

 

――そういうときはどうしていましたか。

 「部員一人一人と向き合うのがすごく大事だなと思いました。全体の前でコメントをするからこそ、一人一人に響かせないといけないのですが、どうしても全体に言っているので私は関係ないってなりがちです。練習の前後でどれだけ一人一人と関わるかで言葉の響きが変わります。また、練習準備は基本的に下級生がやってくれていますが、そこも積極的に手伝うというのは大事だなと思います。コミュニケーションが大事です」

 

――4年間を振り返っていかがですか。

 「私は2年生の6月の終わりに応援団に入りました。応援団は2年生で入っても部活では1年部員としての入部になります。もう同期はできている中で、そこに入るのに壁を感じていました。ですが、夏合宿ではみんなでずっと一緒にいないといけないですし、練習していく中で同期にも言わなければいけないこともあります。ダンスも全て1ヶ月で覚えなければいけませんでした。夏合宿で同期とも自分の技術ともすごく向き合って、これ以上できないってくらい努力をして、それでも怒られました。こんなに努力してもダメなことがあるんだと、挫折でもありましたが、すごく学びでした。ここまで頑張れたんだからこの先も頑張れるという自信が生まれたのが2年生の夏合宿です」

 

――どうしてその時期に入部を決めたのですか。

 「どうしても入りたかったです。ダンスを小さい頃からやっていて、大学でもやりたかったんです。最初は普通のサークルに入りましたが、1年経って、何も得ていないと感じました。そのような時に、周りの体育会の子が努力を楽しんでいる姿に憧れて体育会ってかっこいいと思い、体育会でダンスできるところを探し出して、入部を決めました」

 

――ステージ企画という役職のやりがいを教えてください。

 「定期演奏会が好きと言ってくれる子は結構いて、そこに携われるのが一番幸せだなと思っています。自分の構成一つで部員を動かすことができるからこそ、みんなをどうやったら輝かせられるんだろうかということや、どうやったら楽しい構成になるのかを考えて、それを実際にやってもらえるというのがすごいことだなと思います」

 

――当日の見どころを教えてください。

 「チアステージの今年の目標が〝愛を魅せる〟なんですけど、今年のスローガンが〝愛〟で、自分自身や同期や先輩、後輩など、いろんなことに愛を感じてやろうということを掲げてやってきました。それをお客さんにも届けたいという思いがあります。練習している中で、ここのチームが好きでこんな愛を見せたいというのをみんなにも考えてもらっています。そこをお客さんにもステージで伝えられる演技になると思うので、そこを見てほしいです」

 

――当日の意気込みをお願いします。

 「チアの子たちだけではなくて、後輩も同期も本当にかわいくて、その子たちが絶対輝けるステージにします。裏も表も頑張るので、かわいくて大好きなみんなが悔いのないステージを作ります」

 

――今年度の応援団のスローガンは〝応援とは〟ですが、小川さんにとって応援とは何ですか。

 「私は優しさだなって思っています。応援って誰かがいて成り立つものです。絶対に1人ではできないことです。人を応援するって貢献とか奉仕だなって思うんです。誰かのためにあるもので、そこに自分が全力を尽くすものだと思っているので、みんなが応援をしていたら最高にいいチームになると思いますし、最高にいい世の中になると思うので、それがあるだけで幸せだなと思います」

 

――ありがとうございました。

 

[中野拓土]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読