福井秀三郎、八幡莉玖 インタビュー/全国学生選手権事前取材

相撲 2019.10.31

 インカレ優勝に向け稽古を積み重ねてきた明大。その中で成長を見せる2年生に期待がかかる。今回は団体戦に出場する2選手のインタビューをお届けする。

(この取材は10月20日に行われたものです)

 

 [中堅福井秀三郎(政経2=蓑島)]


――インカレまで2週間です。今の心境を教えてください。

 「昨年度自分は試合に出れておらず、8人の中にも入っていませんでした。今年度はメンバーに選んでいただいたので、1勝でも多く取って活躍できたらと思います」

 

――インカレで取りたい相撲を教えてください。

 「強く当たって相手と距離を取り突っ張りたいです

 

――インカレまでの残りの期間で徹底したいことは何ですか。

 「最近変えた立合いがまだ稽古場でもきれいにできていないと自分でもよく分かるので、そこを磨いていきたいです」

 

――個人的なインカレの目標を教えてください。

 「自分は高校の時から個人で成績を残せるタイプではないので、チームに貢献できるように、個人戦ももちろんですけれど、団体戦で勝てる選手になりたいと思います」

 

――ありがとうございました。

 

[大将:八幡 莉玖(政経=新潟県立海洋)]


――今日の稽古はいかがでしたか。

 「4年生と相撲を取った夏の時期は全然勝てなかったのですが、今日は自分の相撲を一、二番取れて勝つことができたので自信になりました。練習の成果を感じました。ずっと下半身の強化をして、相撲を誰よりも多く、何番も取ってきたことがつながったのかなと思います」

 

――チームの雰囲気はいかがですか

 「1から4年生のチームワークが良くて、上級生は悪い部分をいろいろ教えて下さいます。チームとしての雰囲気はとてもいいと思います」

 

――大将としての意気込みを教えてください。

 「1年間大将をさせていただいています。今回、4年生が最後のインカレなので、2―2であろうと、勝ちが決まってあろうと、前が3つ落としていようと、練習通りの相撲が取れればなと思います」

 

――インカレまで2週間です。今の心境を教えてください。

 「自分が勝ってチームが決勝トーナメントまで勝ち上がり、4年生がやり切ったと思えるようにしていきたいと思っています」

 

――インカレの目標を教えてください。

 「優勝です。また、立合いで負けないで相手が引いてくる時に押し出す、自分の相撲を一番でも多く取って、1つでも多く勝てるようにしていきたいです」

 

――ありがとうございました。

 

[伊藤理子・波木井里紗]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読