山梨学大に惜敗で3位決定戦へ/全日本学生選手権

ホッケー 2019.10.27

 長い1日が終わった。準々決勝、準決勝とダブルヘッダーで行われた大会4日目。準決勝では山梨学大相手に1-0で敗れ、3位決定戦に挑む。

 


 朝日大との熱戦から数時間後、男たちはピッチに帰ってきた。準決勝は今大会4連覇中の山梨学大との戦い。試合は開始直後から互いに譲らぬ展開だった。前半で3回のPC(ペナルティーコーナー)を与えるも、GK野井辰真(法3=伊予)をはじめ守備陣が奮闘し、無失点。サークルインを許しても粘り強く当たり、先制点は渡さない。しかし第3Q終了間際、試合は動いた。FW太田陸登(理工4=今市)が攻め上げ、好機を作るが「大事なところで足が動いていなかった」(MF舘亮佑主将・政経4=丹生)と相手守備に捕まり、そのままカウンターに。「中盤が上がり過ぎてケアできていなかった」(舘)。スキを突かれ、痛い1点を失った。スコアはそのまま動くことはなく時間が過ぎていく。「山梨学院はチームの完成度が高かった」(舘)。試合終了を告げるホーンが鳴り響いた。

 

 強豪校との激戦が続き、疲弊していた今試合。相手も同じ条件だが、あと一歩及ばなかった。それでも日本リーグ覇者の天理大や大学王座決定戦優勝校の朝日大を倒し、2年ぶりの4強入りを果たした。今日行われる3位決定戦の相手は今年度の大学王座決定戦で敗れた福井工大。全国の猛者相手に戦い抜いた自信を胸に、力を出し切りたい。

 

[中野拓土]

 

試合後のコメント

小池文彦監督

――試合を振り返っていかがですか。

 「選手はよく耐えたと思います。ハードな試合をここ3日間やってきているのですが、やはり山梨学院は足を残していました。うちはギリギリの戦いをしてきたので。その中でも選手はよくやってくれました」

 

――野井選手はPCなどで相手のシュートをよくはじいていました。

 「よく守っていました。今大会はよくやってくれていて、明日もしっかりやって3位勝ち取って全日本選手権に挑みたいです」

 

――試合前、試合中のチームの雰囲気はいかがでしたか。

 「負けている中でも全員が声を出して前からどんどんいこうぜという声かけがチームとしてできていたので、負けてしまいましたが負ける気はしないチームになったと思います」

 

――チームとしては3位決定戦に向けてどういった試合をしていきたいですか。

 「3位と4位では全然シード枠も違うので来年に残せるような試合にできたらいいですし、全日本選手権に向けても3位になるのとでは全然違うのでそこをしっかりやっていきたいです」

 

MF橋本岳樹(文3=山梨学院)

――連戦でしたがコンディションはいかがでしたか。

 「よくはなかったんですけど、それは関係ないと思ってやりました。最初は眠いなって思いましたけど(笑)。相手は僕の母校なので、そこを倒すために明治に入ったというのもあり、やはり勝ちきりたかったなと思います」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読