広がれ笑顔の輪! アイドルコピーダンスの大会が開催された

明大スポーツ新聞 2019.10.24

 新宿ReNYで先日、明治大学の人気アイドルサークル・Copiaによるライブが開催された。Copiaの出場者は1年生で、初めての外部公演。さまざまな困難を乗り越えながらも、来場者にとびきりの笑顔を振る舞い、楽しませることに成功した。

 

セットリスト

1曲目 Someday Somewhere 「この恋はトランジット」

2曲目 ときめき♡宣伝部 「DEADHEAT」

3曲目 でんぱ組.inc 「ちゅるりちゅるりら」

 

 「やっぱりCopiaがナンバーワン!」。円陣を組み、小さく掛け声をかけると、舞台袖から勢いよく飛び出してきた。この公演のために2カ月間もの間、特訓を積み、集大成を披露した。

 1曲目は、Somebody Somewhereの「この恋はトランジット」。学外では初めての公演であったが、緊張を感じさせない大胆なダンスと笑顔で観客を魅了した。

(写真:1曲目を終えて手を振るCopia)


 2曲目に披露されたのは、ときめき♡宣伝部の「DEADHEAT」。曲が終わると浴衣に早着替え! 出場者の中では唯一の着替えでインパクト十分。しかし、ここでハプニングが…。 着替えの時間に間に合わず、3曲目に遅れた子も。しかし、そんなハプニングがあったとも感じさせない素晴らしいダンスで観客を圧倒した。

(写真:決めポーズをするCopia


 Copiaの1年生にとっては、初めての学外公演だったのにもかかわらず、終始笑顔を貫くことができたのは「緊張しても笑顔で頑張ろう」(黒木さん)とチームの中で決め事をしていたからだそう。言葉通り笑顔でやりぬいた。

 

 Copiaは普段、深夜練がメイン。夜の12時に集合して、朝の6時ごろまで練習を行う。可愛い笑顔の裏には涙ぐましい努力があった。Copiaの次なる舞台は、明大祭。1人でも多くの観客に笑顔を届けるべく、日夜練習に励む。皆さんもぜひ明大祭でCopiaの公演に足を運んでみては?!

 

[下神大生]

 

明大祭の日程はこちら!!

 

ライブ後のコメント

出場者の黒木涼花さん(情コミ1)

――公の舞台での大会は初めてですか。

 「大会は初めてですね。私たちはまだCopiaの単独公演で一回この会場で、だからこの会場は初めてではないんですけど、学外のステージで歌うのは初めてでした。(緊張しましたか)直前にも緊張してるねって言われたりしました」

 

――チームの中でこれだけはやろうという決め事はございましたか。

 「絶対笑顔でいようとしていました。緊張しても笑顔で頑張ろうってやってきたので、最後まで笑顔でやり通せて良かったです」

 

――練習で苦労したことはございますか。

 「私たちの代はダンス経験者の数が少なくて、ダンスの練習をどうやったらいいかわからないままスタートしたのでそこは大変でした」



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読