(女子部)危うげなく専大に勝利 秋季リーグ5位で閉幕/関東大学秋季リーグ戦

バドミントン 2019.09.23

 秋季リーグ最終戦は専大との対決。春季リーグでは敗戦を喫した相手に3―1とリベンジを果たしリーグ5位に。1部残留が決定し、10月のインカレに向け良い流れでリーグ戦を締めくくることができた。

 

◆9・14~9・22 関東大学秋季1部リーグ戦(日体大米本記念体育館)

▼女子

〇正田2―0森

〇上杉杏2―0輿石

●上杉夏・鈴木成組1―2石原・谷澤組

〇小原・由良組2―0遠藤・本田組        

 

 その日の試合の流れを決める第1シングルスには正田捺美(商2=埼玉栄)が出場。「無駄な失点と勢いのないミスをするのを避ける」と具体的な目標を掲げ試合に臨んだ。緩急のある球で相手のミスを誘い、宣言通りのプレーを展開。21―18、21―14で勝利し、文句なしの2―0で試合の流れを引き寄せた。

 チームカウント2-1で迎えた第2ダブルス。第1ダブルスの敗戦で流れが途切れたかに見えたが、一度もリードを許すことなく第1セットを奪取。「意識的に強い気持ちで引かないでプレーできた」(由良なぎさ・政経2=ふたば未来学園)。どんな球にも体勢を崩すことなくラリー戦へ持ち込み相手のスキを突く。続く第2セットも気持ちのいいスマッシュを何本も相手のコートに沈め、今大会最終戦を勝利で終えた。

 

 入替戦を経験した春季リーグより結果は振るったものの、課題も見えてきた。「思い切り向かっていって攻めるプレーを出せるか」(重松花苗主将・政経4=埼玉栄)。今大会前半戦は全敗だった明大。相手を意識しすぎてしまい自分たちのプレーができなかった。それでも後半戦では連敗の原因を分析して巻き返しを図る。第4戦の法大戦では5―0で完勝し、続く第5戦も勝利。課題解決にも明るい兆しが見え始めている。

 

 2勝3敗の5位で秋季リーグを終えた明大。次こそは目標の団体戦優勝を目指す。インカレでは「自分たちが絶対に1本取るという責任をもってプレーする」(由良)。今大会見えた課題をいかに修正しインカレまでに仕上げられるかがカギ。団体優勝へ向けチーム一丸となって全力を尽くす。


[伊藤理子]

 

試合後のコメント

重松主将

――チーム一丸となって戦えましたか。

 「春よりは1つになれていたかなと思うんですけれど、もっと1つになれると思うし、意見とかを交換するときに、上下関係がないチームが一番強いと思うから、勝つためだったら先輩がどうとか関係ない感じで言ってきてくれる後輩が増えればいいと思うし、それをさせてあげる先輩になりたいなって思っています」

 

正田

――結果をどう評価していますか。

 「喜ぶところは喜びたいけれど最初の出だしがいつも悪いから、そこで流れをもっと変えられたら良かったのかなと思います。最後にできたことを最初からできていたらもっとよかったなと思います」

 

由良

――インカレへの意気込みをお願いします。

 「1戦1戦目の前の試合に集中して、1つ1つ万全の準備をして勝ちにつなげられたらいいなと思います」


関連記事 RELATED ENTRIES