(女子部)日体大に敗れ秋季リーグ3連敗 前半戦を全敗で折り返す/関東大学秋季1部リーグ戦

バドミントン 2019.09.17

 秋季リーグ第3戦、相手は直近の東日本インカレで勝利している日体大。今リーグ初の勝利が期待されたが、試合開始早々、第1、第2シングルスを落としてしまう。何とか第1ダブルスを取ると勝負の行方は第2ダブルスへ。接戦の末に敗れ、前半戦を全敗で終えた。

 

◆9・14~9・22 関東大学秋季1部リーグ戦(日体大米本記念体育館)

▼女子

●西口0―2池内

●上杉杏1―2辻田

〇上杉夏・鈴木成組2―1杉田・福田組

●小原・由良組1―2油上・宮内組

●正田1―2神山             

 

 チームの流れを変えられなかった。第2シングルスに上杉杏(商1=埼玉栄)が出場。「秋季リーグ始まって2敗して、自信を持ってプレーできなかった」(上杉杏)と第1ゲーム序盤から主導権を握られ、12―21で完敗を喫する。「不安が大きくなって焦った」(上杉杏)と第2ゲームこそ21―18で奪取したものの、第3ゲームも序盤からミスが連発。その隙を相手に攻め立てられ17―21で落とした。

 

 第1ダブルスをなんとか取ると、勝負の行方は第2ダブルスの小原凛々子(文3=聖ウルスラ)・由良なぎさ(政経2=ふたば未来学園)組へ。序盤から一進一退の攻防が続く。どちらが先取してもおかしくない展開の中、緩急ある攻撃に翻弄(ほんろう)される。第1ゲームを19―21で落とすと、続く第2ゲームも同じく拮抗(きっこう)。激闘の末、21―19で制した。運命の第3ゲーム。「勝って後ろに回したい」(小原)と気合いは十分。しかし、序盤ミスも絡み連続失点を食らい一時4―8に。中盤は持ち直すも「ファイナルに近づくにつれて緊張感が高まっていった」(小原)。終盤再び相手のプレッシャーにのまれ、17―21で敗れた。

 

 日体大は東日本インカレで勝利している相手だけに、この負けには大きな悔しさが残る。それでも落ち込んだままではいられない。「切り替えて、1週間の練習を集中して取り組む」(小原)。悪い流れを一新し、残りの試合全勝を目指す。

 

[下神大生]

 

試合後のコメント

上杉杏

――試合振り返っていかがでしたか。

 「秋季リーグ始まって2敗して、流れが良くなくて、自信持ってプレーできなかったのがダメだったなと思います」

 

――東日本インカレでの準優勝は、リーグ戦で戦う上でどのような自信になりましたか。

 「1試合目は自信持って入れたけど、気持ちがだんだん落ちていって、そこできちんと切り替えられるようにならないとダメだなと思います」

 

――リーグ前半戦を振り返っていかがでしたか。

 「前半戦は上手くいかない結果だったので、後半戦はしっかり振り返って戦っていきたいです」

 

小原    

――調子はいかがでしたか。

 「東日本インカレでは結構よくて、団体戦でも勝つことができたのですが、リーグ戦になって違う雰囲気になった時に、あまり自分の力を緊張で出せなくなってしまいました」

 

――前半戦振り返っていかがでしたか。

 「ダブルス2本取れたら結構楽になるかなと思っていたので、勝ちたい気持ちはあったのですが、負けてしまって申し訳ないなという気持ちはすごくあります。切り替えて1週間の練習を集中して取り組んで、後半戦に臨みたいと思います」

 


関連記事 RELATED ENTRIES