関東学生1部秋季リーグ戦事前特集(5)九里遼太×渡邉圭介×西本晟①

アメリカンフットボール 2019.08.30

 日本一をかけた戦いが始まる。昨年度は関東学生1部秋季リーグで2位に輝き、初のトーキョーボウル進出を遂げるなど、躍動の年となった。今年の目標も変わらず日本一。“OVER”の思いで挑む今シーズン。今回はチームの核であるWR#5九里遼太(政経4=明大明治)・WR#7渡邉圭介(営4=日大三)・QB#4西本晟(商3=箕面自由学園)の対談をお送りする

  

この取材は8月21日に行ったものです。

 

――春季シーズンの振り返りをお願いします。

渡邉:関西学大には勝てましたが、桜美林大には負けてしまって。自分たちの作戦でどうやって攻めるかを決めていたのですが、それがまだ甘かったと思います。本当はしっかりスカウティングして準備して、試合に臨まないといけないですけど、混乱してしまって敗北してしまいました。この試合から自分たちが強いと思わないようになれたし、負けていたからこそ、そのあとの立大や早大の試合は勝てたと思いますし、チームとしての成長が感じられた春季になったと思います。 

西本:自分が出場した春の試合は結果的には勝利で終われました。ですが細かい部分でみると、パスのタイミングであったりとか、オフェンスの次のプレーへのテンポも遅い場面が結構あって時間を結構使ったり4年生のレシーバーに助けてもらった場面が結構多くて。関西学大戦の最後のプレーもそうですし、奇跡と言っても過言ではないし、実力も圧倒的というわけではないので。この夏に取り組んだことを秋季に生かせるようにしたいです。

九里:一言で言うと自信がついた、悪く言うと慢心してしまった試合もあって、それがいけないということを感じて戒めにもなりました。全体的に見ると良いシーズンだったと思います。1年生が例年よりも声を出してくれたとも思っていて、チーム一丸となってできたことを感じたシーズンでした。4年生も頑張ったと思うんですけど特に1,2,3年生がよく頑張ってくれたシーズンでした。秋季も継続できたら、日本一をどれだけ意識できるかでチーム全体も変わるので。

 

――西本選手から見て、お二人の印象はどうですか。

西本:圭介さんはレシーバーの面で言うと、相手を置き去りにしてフリーになってくれるので、投げやすいです。プライベートで言うと頼もしい兄貴みたいな存在です。料理も作ってくれるんですけど、チャーハンがめっちゃおいしくて、本人曰く女にしか作ったことないらしいんですけど。得意料理はオムライスですね。 

九里:ケチャップじゃなくて醤油かけるんですよ。醤油ベースのオムライスです。俺らが女と同じくらいの立ち位置になったんですよ。

渡邉:そんなこと絶対にないです(笑)。

西本:こっちの方(九里)は面白い親父みたいな感じです。

九里:頭の中で悪口しか浮かんでないだろ(笑)。

西本:アメフトの面で言うと足が速くて、ボールが悪くても難なくキャッチしてくれるので、安心して投げられます。プライベートはお父さんみたいな眼差しで、いつも僕のこと見てきて。頭ポンポンしてきたり、ミーティング中に『晟ちゃんかわいいね』って言ってきたりとか。

九里:かわいいんですよ。この二人(渡邉・西本)はどうしようもないくらいです(笑)。学力がバカすぎて可愛くなっちゃいます。

 

――学年の垣根はありますか。 

全員:ないですね。

九里:渡邊は威厳があるので敬語使われてますけど、僕は基本的に3年生から敬語使われないですし。

渡邉:全員になめられてるね(笑)。

九里:2年にも敬語使われないですし、マネージャーにも仕事振られるし。今の4年は悪く言うとなめられてますけど、良く言うとなつかれている感じです。毎年の4年生よりは怖がられてないなというか。そこが問題になるときもありますけど、僕はどちらかというと良い方向に向いているのかなと思います。

 

――WRの二人から見た、西本選手の印象はどうですか。

九里:試合の最初は球が浮きますね。でも試合が進むにつれてどんどん良くなってきます。プライベートで言うと僕は仕草がスキなんですよ。上手く言えないんですけど。アメフトではめっちゃ頭良いのに普段はバカなところが可愛いです。 

渡邉:最初のハドルで作戦立てたりするときは、信頼してるし、自分も『こいつのパスは落としちゃいけないな』って思うんですけど、パスに関しては本当に信頼してます。関東で一番良いQBだと思います。ただ私生活では、可愛くておっちょこちょいです。自分は三兄弟の末っ子なんですけど、晟は弟みたいな感じです。

 

――ありがとうございました。

 

[素宮愛結・市瀬義高・前田彩貴]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読