(男子部)最終戦は法大相手に惜敗 1部リーグ5位に終わる/関東大学春季リーグ戦

バドミントン 2019.05.05

 春季リーグ最終戦、相手は昨年度4位の法大。第1、2シングルスを接戦で落としたものの第1ダブルスの酒井健登主将(政経4=埼玉栄)・仁平澄也(政経3=埼玉栄)組が競り勝った。しかし第2ダブルスを僅差で落とし、1勝4敗で5位という結果で春季リーグの幕を閉じた。

 

◆4・27~5・4 関東大学春季1部リーグ戦(日体大米本記念体育館) 

▼男子

池田●0―2嶺岸

農口●1―2原口

酒井・仁平澄組○2―1山澤・藤原組

川端・筑後組●1―2野村・長峰組

 

 激しいラリーを制し、接戦をものにした。第1ダブルスの酒井主将・仁平澄組は1ゲーム目を21―19で先取したものの、2ゲーム目は「足が思うように動かなかった」(酒井主将)と終始相手に主導権を握られ15―21で敗れた。しかし3ゲーム目は序盤から6点差をつけ流れを引き寄せると、最後まで集中を切らすことなく21―18で勝利。「内容としては良くなかったが、勝ち切れたことは良かった」(酒井主将)。フルセットの激戦の末、唯一の白星を挙げた。

 第2ダブルス、筑後恵太(政経2=ふたば未来学園)・川端直人(商2=埼玉栄)組は1ゲーム目を落とし、後がない重圧の中迎えた2ゲーム目。「難しいことは考えず、いつも通りプレーした」(川端)とプレッシャーをはねのけ、21―16で制した。しかし3ゲーム目は序盤からミスが続き、相手に6点差をつけられリードを許す場面も。中盤からは「柄ではないが、声を出して自分を奮い立たせた」(川端)と気合いを入れ直し、追い上げを見せ攻め続けたが、序盤の失点が響き惜しくも18―21で敗れた。

 

 さらなる飛躍に期待が高まる。今季1部リーグ残留を果たしたが「残留を目指していたわけではないので、悔しい結果だった」(酒井主将)と向上心は止まらない。次の大会は関東学生選手権。武石・西谷組以来の2年ぶりの優勝を目指し、レベルアップを誓う。

 

[下神大生]

 

試合後のコメント

酒井主将

――次の関東学生選手権までに改善したいことはございますか。

 「まずは今の練習を変えていく必要があるのかなと思います。普段の練習からもっと意識を高くして、自分にも周りにも厳しくしていく必要があるのかなと思いました。あとは、体力的にもフィジカル的にも弱い部分があるので、やれることをやっていきたいです」

 

――昨年と比較してチームカラーはどう変わりましたか。

 「そこまで変わっていないと思います。昨年度の先輩たちは、シングルス、ダブルスも出て活躍していて、練習から引っ張っていました。そういう面を見習いつつ、キャプテンとして引っ張っていきたいです」

 

川端

――今後修正していきたい点はどこですか。

 「サーブ周りとかですかね。改めて大切さを痛感したのと、初めて1部で試合をしましたが、あまり差はないと感じたので練習から試合を意識して、反省を修正していきたいと思います」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内