新たな球場で心機一転 国学院大に僅差で勝利/春季オープン戦

硬式野球 2019.03.10

リニューアル完成式典後のオープニングゲームということもあり、多くの観客が見つめる中での緊迫した試合となった。明大は初回の3点を守り切り勝利した。


 明大は初回に2アウトからランナーをため、喜多真吾内野手(法4=広陵)の二塁打で先制。その後も相手のミスなどが絡み、初回に3点を先制する。先発の森下暢仁主将(政経4=大分商)は4回まで8個の三振を奪う快投を見せる。その後は計4人の継投となり、最終回には入江大生投手(政経3=作新学院)が一打同点のピンチを招くが、見事に逃げ切りオープニングゲームを勝利で飾った。

 

 一方で課題も出た。打線はこの日、初回の3点しか奪えなかった。2つの盗塁失敗なども重なり、波に乗ることができなかった。森下の好投に応える、打線の爆発に期待したい。

 

[小畑知輝]









 


関連記事 RELATED ENTRIES