〝やっぱり明治がナンバーワン〟 インカレ3連覇! /日本学生氷上選手権

アイスホッケー 2018.12.29

 栄冠を手にした。決勝の相手は東洋大。試合序盤は一進一退の攻防が続くが、第1ピリオド残り4分、FW佐久間雄大(政経1=白樺学園)のゴールで均衡を破る。その後もチャンスをモノにし最終スコア6ー0と圧倒。インカレ3連覇、2年連続3冠を達成した。

◆12・25~12・29 日本学生氷上選手権(白鳥王子アイスアリーナ他)

▼12・29 決勝 対東洋大戦(白鳥王子アイスアリーナ)

 ◯明大6{1―0、2―0、3―0}0東洋大


 「後輩が勝たせてくれた」(FW牛来森都・法4=北海)。1点を先行し迎えた第2ピリオド。「4年生のために」(FW岩崎竜馬・法2=釧路工)と、岩崎が貴重な追加点を挙げチームを盛り上げる。さらに「自分もやるしかない」(FW田名部共弘・文1=八戸工大一)と、FW府中祐也(商4=武修館)のアシストからゴール。今試合6得点中4年生が決めたゴールは一つだけ。「恩返しを」(田名部)と、大一番で下級生の活躍が光った。


 守護神の誕生だ。「4年生に少しでも成長した姿を見せたかった」(GK香田凌辰・政経2=白樺学園)。頼もしく攻撃力の高い4年生。それゆえ以前は、失点をしても4年生が取り返してくれるという「甘えがあった」(香田)。しかし「最後は自分の力で勝ちたい」(香田)。幾度となくチームのピンチを救う好セーブを見せ、完封勝利の立役者に。その活躍が評価され、大会MVPを受賞した。


 次なる戦いが始まる。「来年も3冠を目指して欲しい」(DF相馬秀斗・法4=駒大苫小牧)。3年連続3冠へ、偉大な先輩からバトンがつながれた。4年生の抜けた穴は大きいが「シンプルなホッケーで勝てるチームを目指す」(FW池田涼希・政経3=北海)。常勝明治ここにあり。王座はそう簡単には譲らない。


[藤山由理]


試合後のコメント

DF梅村宏輔(政経4=北海道清水)

――試合後には涙も流されていました。
 「18年間やってきて、僕は最初下手くそでした。小学3年生までスケートの乗り方が下手で、ずっとパックをいじれなくて。みんなとは違ったメニューで個人レッスンとかしていていました。そういう時代から今があるので。代表とかにも選んでもらって。ほんとに頑張ってきたなと思います。なんとも言えないですけど、壮絶で楽しかったです」

牛来
――今日の試合を振り返っていかがですか。

 「いつもは4年生の力で勝てた部分もあったんですけど、今日は後輩が勝たせてくれて、今までで一番うれしい勝利というか、ありがとうという気持ちです」

相馬

――4年生としての優勝は何か違いますか。
 「3年の時は自分が活躍すればいいと思っていた部分もありました。今年はどうやったらチームが勝てるだろうかと、チームの雰囲気づくりで4年生として引っ張っていかなければならないと思っていたので難しかったです。ただ今日も下級生が決めてくれたりしたのでうれしかったです」

DF永井潤(文4=駒大苫小牧)

――4年間振り返っていかがですか。
 「アイスホッケーを18年間やってきたんですけど、その中で一番楽しかった4年間だったなと思います。同期中心にみんな大好きです」

府中

――インカレ3連覇です。

 「一安心しました。後輩にしっかり結果として残せたかなと思います」


FW松本昂大(商4=北海道清水)
――優勝して今の心境はいかがですか。

 「6―0で大差で勝てたことっていうのはうれしいですし、ゼロっていうのも凌辰(香田)を中心に頑張ってくれて、部屋っ子の涼希(池田)も2点も入れてくれて、最後は後輩に助けられたゲームでした」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読