酒井が3位入賞 学生大会に別れ/全日本学生選抜選手権

卓球 2018.11.24

 全日本大学総合選手権・個人の部(全日学)の上位選手が中心に参加する今大会。明大からは4選手が出場し、酒井明日翔(政経4=帝京)が1年次準優勝以来の表彰台となる3位に入った。


112324 第15回全日本学生選抜選手権(日本ガイシスポーツプラザ)

▼男子シングルス

酒井――3位

出雲――ベスト8

龍崎――ベスト16

遠藤――予選リーグ敗退

 

 クールな酒井が、いつもより力強く拳を握った。五十嵐史弥(早大)との3位決定戦。両者一歩も引かない打ち合いはフルゲームへ。序盤リードを許すが追い上げを見せ、ついにマッチポイントに。最後は力のあるフォアハンドで、早大のルーキーを下し3位入賞を果たした。「久しぶりにメダルが取れて良かった」。

〝らしさ〟全開だった。準々決勝では全日学で敗れた三部航平(専大)と再戦。2ゲームを連取されるも、第3ゲームからペースをつかむ。速く鋭い両ハンドで攻め、相手のコースを突いたボールも難なく返球。第6ゲームは0―5から逆転し、4―2で全日学のリベンジに成功した。今大会は会場を沸かすプレーだけでなく、試合中の冷静さも光った酒井。「少しは大人になれたかな」。惜しくも決勝進出は逃したが、明大の大応援団も味方につけ、最後の学生大会を駆け抜けた。「楽しい4年間だった」。団体、個人ともに常に結果を出し続けた4年間。積み重ねた結果とともに見る人を魅了する卓球は、最後まで輝き続けた。

 

 今大会で、今年度の学生大会が終了した。春秋リーグ戦で連覇を達成するも、インカレでは頂点に届かなかった今年度のチーム。2年間かなわなかったグランドスラムの挑戦は、後輩たちに託された。4年生が残した遺産を引き継ぎ、〝卓球界の王者〟たるチームを一からつくり上げる。

 

[福永智隆]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読