団体戦ベスト8 最後まで「前へ」出る相撲を貫く/全国学生選手権

相撲 2018.11.05

 最後の大会が幕を閉じた。九州情報大、法大に2勝で予選を突破。見事決勝トーナメントに進出するも、日体大に敗退しベスト8。優勝には届かなかったが、昨年度を上回る成績を残した。


11・3〜4 第96回全国学生選手権(両国国技館)

▼個人戦予選トーナメント

 川村、北川―1回戦敗退

 前田、佐藤―2回戦敗退

 東、宇都宮、篠田―3回戦敗退

▼個人戦決勝トーナメント

 藤原―ベスト32

▼Aクラス予選

◯明 大4―1九州情報大

 明 大1―4日 大◯

◯明 大4―1法 大

▼Aクラス優秀8校トーナメント

 明 大1―4日体大◯

 

目標には一歩及ばなかった。予選の結果、決勝トーナメントの相手は1位通過の強豪・日体大。強気な姿勢を守り続けたが、1-4で敗退しベスト8となった。「力は出せたので、今ある実力の順位ではある」(守重佳昭監督)。1年間の集大成で実力を出し切り、大会を締めくくった。


「前へ」出る相撲で戦う勇姿を見せた。今大会がチームを支えてきた4年生の引退試合。川村希主将(政経4=埼玉栄)、北川貴之(商4=明徳義塾)、前田将吾(政経4=宿毛)は入学以来ともに切磋琢磨(せっさたくま)してきた。「練習場にいる人は全員ライバルだった」(北川)。下級生の時からレギュラーとして活躍してきた3人。ケガで苦しみ、試合に出られないこともあった。また7月に行われた東日本体重別選手権で、守重監督から「弱気な相撲が見えた」という指摘があった川村。それでも今大会では終始攻勢を貫いた。鍛錬を重ねた日々を振り返り、「つらいときから近くでやっていたので、最後4年生全員で出られてよかった」(前田)。たくさんの応援を受けながら、最後まで戦い抜いた。


悲願のインカレ優勝を後輩たちに託した。「今は弱くても、努力すれば結果はついてくる。信じてやらないと」(前田)。勝てずとも立ち止まってはいられない。「インカレが終わったということは、来年のインカレに向けたスタート」(守重監督)。先輩たちの精神を引き継いだ新チームで再び、学生相撲の頂点を目指す。


試合後のコメント

小川清彦総監督

――4年生の成長についてはいかがですか。

 「いろいろ大変だったと思うけれど、よく頑張って、最後までやってくれたと思います。個人戦は勝ちがなくていい相撲ではなかったけれど、今日は最後の思いで踏ん張ったと思います。すごい個性があって、一人一人違うから同じようにはいかないけれど、それぞれで成長したという気がします」


守重監督

――日体大戦はいかがでしたか。

 「明大は稽古場から常に引くな、弱気を見せるな、前を向けという稽古をやっているから、そういう面で力が出せたという内容だったのは本当によかったと思います。その中で負けたのは仕方がないので、次に向かって頑張ります」

 

北川

――4年間を振り返っていかがですか。

 「1年生のときはがむしゃらにレギュラーになりたい気持ちでずっと練習していました。試合は1年生の最後からずっと出させてもらったりしていたので、たくさん経験させてもらったと思います」

 

前田

――後輩に向けて一言お願いします。

 「自分は1年生のときはレギュラー外の1番弱いところにいましたから、そこから頑張って頑張ってレギュラーをとって、試合でもそこそこ成績を残せたので、今は弱くても結果はいつかついてくると信じてやらないとと思います」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内