体育会一覧
CLUB LIST

硬式野球部

今季初の二桁得点で東大に快勝/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2018.10.07

 今季初、カードの初戦を勝ち取った。1回表に3点本塁打を献上し、先制を許すも4回裏に相手のミスから生まれた好機を見逃さず一挙に8点を奪取。その後も添田真海内野手(法3=作新学院)のリーグ戦初本塁打などで大差を付け、快勝した。




(明)○森下暢、竹田、中村―清水風、西野
(東)小林大、宮本、奥野、松田―三鍋
【安】(明)12(東)5
【本】(明)添田①2ラン(6回)(東)三鍋①3ラン(1回)
【二】(明)森下暢(4回)、渡辺佳(4回)、逢澤(4回)、森下智(6回)(東)岩田(7回)
(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁1 渡邉涼(4回) ◇失策0


 投打ともにかみ合った。先発の森下暢仁投手(政経3=大分商)は1回表に3失点と先手を取られる。しかし、その後は無安打、毎回奪三振の好投で無失点に抑えた。9回表に登板した中村希生投手(商4=仙台三)は、リーグ戦初のマウンド。三者連続三振に抑える大健闘で試合を締めた。「何かを感じてくれたらいい」(善波達也監督)と努力を重ね、結果を残した4年生の姿はチームに強い刺激を与えたに違いない。
 一方、打撃では開幕からの課題であった〝打線のつながり〟を克服。計12安打を放ち、今季初の二桁得点もマークした。しかし、善波達也監督は「相手に助けてもらった部分もあった。まだまだ上を目指して」とさらなる選手の奮起に期待を寄せた。

 まずは勝ち点を奪う。2カード連続で勝ち点を落とした明大。ラストシーズンの4年生は「強い明治の伝統が途切れてしまう」(吉田有輝主将・商4=履正社)と残された試合は全勝態勢で挑む。このまま流れをつかめるか。連勝で勝ち点を上げ、勢いに乗りたい。

[荒川千那]



試合後のコメント
善波監督
――中村選手は4年生で初登板、最高の投球でした。

 「あれは素晴らしい。戦力だよね。最初で最後かなと思ったんだけど逆にチャンスをつかんでくれた」

吉田主将
――負け越していますが、モチベーションはどう保たれていますか。

 「今日も応援席に多くの人がいて、応援してくれる方が1人でもいる限りは自分達も明治らしい姿を見せ続けなければならないと思います」

渡辺佳明内野手(政経4=横浜)
――毎試合安打を放たれています。

 「調子はいいと思いますね。試合の中で悪いところを変えられていて、ピッチャーに合わせられているのが調子が良い理由なのかなと思います。試合毎に悪いところというのは違うので。タイミングの取り方とかバットの出し方とかスイングの軌道とかね」

添田
――3安打と大活躍でした。

 「そんな大活躍じゃないです(笑)。つなごうと思っていたら、結果がついてきた感じです」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内