体育会一覧
CLUB LIST

バドミントン部

(女子部)早大に勝利で笑顔の閉幕 秋季リーグ4位/関東大学秋季1部リーグ戦

バドミントン 2018.09.24

 実力を存分に発揮した。秋季リーグ最終戦は早大との対決。春季リーグでは完敗だった相手に3-1と快勝し、リベンジを果たしただけでなく、10月のインカレへとつながる理想的な形でリーグ戦を締めくくることができた。

 

◆9・1523 関東大学秋季1部リーグ戦(日体大米本記念体育館)

▼女子

正田◯2―0平野

西口●0―2松本

上杉・鈴木成組◯2―0中村・片桐組

渡辺・重松組◯2―0桃井・平野組

 

 まさに獅子奮迅の活躍だ。第1ダブルスに出場した上杉夏美(商2=埼玉栄)・鈴木成美(商2=埼玉栄)組は、これまで4戦4勝と絶好調。1ゲーム目序盤、サーブ周りに苦しみ5―11と立ち上がりで大きくリードを許す。しかし「とにかく攻めれば大丈夫と思っていた」(上杉)とラリー戦に持ち込んでからのスマッシュ連打で差を詰め、ゲーム後半で逆転に成功した。2115で2ゲーム目も勝ち取ると、圧巻の〝5勝目〟を刻んだ。秋季リーグ好調の要因はこの「攻める姿勢」だ。前に鈴木成、後ろに上杉という得意のプレースタイルが抜群の攻撃力を生んでいる。

  

 さらなる高みを目指す。2勝3敗の4位で秋季リーグを終えた明大。春季リーグより一つ順位を落としたものの、上位校に肉薄しており内容は決して悪いものではない。必要なのは要所で勝ち切る力、チャンスをモノにする強さだ。「自分たちはまだまだできる」と主将の十河茉由(商4=高松商)は成長の余地を見いだす。インカレまでにチームをどこまで仕上げられるか。インカレ制覇への挑戦が始まる。

 

[山根太輝]

 

試合後のコメント

十河

――秋季リーグは2勝3敗という結果でした。

 「ファイナルで負けている試合も多く、そこを全て取れていたら自分たちが勝っていた試合もたくさんありました。そこを勝ち切る力がまだまだ足りなかったです。でも自分たちはまだまだできるという気持ちはあります」

 

――インカレに向けての課題をお願いします。

 「インカレまで残りわずかしかないという中で、技術面を伸ばすというのは難しいのかなというのはありますが、今回のリーグでも競って負けた試合もあったので、あとは気持ちかなと思います。優勝目指して頑張ります」

 

上杉

――今日の試合、リーグ戦全体でそれぞれ良かった部分を教えてください。

  「今日は前半悪く、いつもだったら取られていたところを2人で集中し直してしっかりとれたところが良かったです。リーグ戦全体では、いつも気持ちで引いちゃって守りに回ることが多かったけど、今回は気持ちを前に出して2人で攻められたのが良かったと思います」

 

――インカレに向けて、意気込みをお願いします。

  「(個人戦)場所的に東日本インカレの優勝ペアと当たってしまうので、そこを乗り越えて最低でもベスト8に入りたいです。団体戦はベスト4まではそこまで強い相手と当たることはないので、油断せずに1個1個勝って優勝したいと思います」



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内