体育会一覧
CLUB LIST

硬式野球部

因縁の相手・慶大制せず 19年ぶりの開幕3連敗/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2018.09.22

 好投の投手陣を援護できなかった。2回裏、北本一樹内野手(文3=二松学舎大付)のリーグ戦初本塁打で先制に成功。しかし、6回表に同点打、9回表に左翼スタンドへ痛恨の勝ち越し本塁打を浴び、19年ぶりの開幕3連敗となった。




(明)竹田、●入江、石毛、髙橋裕―西野

(慶)◯髙橋佑、髙橋亮―郡司

【安】(明)5(慶)5

【本】(明)北本(2回)(慶)嶋田(9回)

【二】(明)添田(5回)

(明)◇犠打1 添田(8回) ◇併殺1 ◇残塁8 ◇盗塁0 ◇失策2


 難題克服とはならなかった。「緩い球がきたら一発で」とリーグ戦初スタメンの北本は狙い球を絞り、打席に。その初球、チェンジアップを捉えた打球は左翼スタンドへ。期待に応える会心の一撃を放ち、好スタートを切った。勝ち越しを狙う8回裏、相手の失策と安打から訪れた1死一、三塁の好機。しかし、3番・逢澤崚介外野手(文4=関西)、4番・越智達矢外野手(営4=丹原)と明大のクリーンナップが共に邪飛で凡退。「一人一人が自分の役割を果たせていない」(越智)。貴重な得点機を逃し、慶大に流れを寄せてしまった。法大戦から課題となっている〝打線のつながり〟が当試合でも勝負の分かれ目となった。

 もう敗北は許されない。投手陣は法大戦も含め、毎試合3失点以内に抑えてきた。あとは、今春チーム打率リーグトップを誇った打線の奮起が勝利への絶対条件だ。「気持ちを全面に出していかないと」(吉田有輝主将・商4=履正社)と1点をもぎ取る執念が求められる。明日こそは明大ナインの復活劇に期待したい。

[荒川千那]



試合後のコメント
善波達也監督
――第1先発を竹田選手に変えた意図は何でしょうか。

 「連勝しないといけない設定で森下暢仁投手(政経3=大分商)が150球とかを2回放ってるので竹田の方が状態が良いという判断です」

――投手陣は良い働きをしていました。
 「竹田は改善点、成長してほしいところはいっぱいあるんだけど5回無失点で粘った投球はしてくれた。入江は前回含めたトータルで考えるとまずまずやってるということなんだろうけど簡単に点を取られるので、そこを鍛えていかないといけないよね」

吉田主将
――チームの雰囲気はどうでしょうか。

 「どうしても乗り切れてない部分があるんですけど、みんな『なんとかしよう。なんとかしよう』とは思ってるので、それがあとは結果になって1つ勝てれば、どんどん勝てるような気がします」

北本
――第1打席は本塁打、どんな気持ちでしたか。

 「緩い球がきたら一発で仕留めるという気持ちでチェンジアップがきて、打った瞬間は左中間抜けるかなという感じだったんですけど入りましたね。びっくりしました」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内