専大にリベンジ果たす 全勝優勝で3連覇/秋季関東学生1部リーグ戦

卓球 2018.09.21

 雪辱を果たした。リーグ戦最終日は、勝てば優勝が決まる専大戦。団体インカレで優勝を譲った因縁の相手に苦戦を強いられるも、今リーグ無敗同士の戦いは4-2で明大に軍配が上がった。全勝優勝で3連覇を達成した。


◆9・14~21関東学生秋季1部リーグ戦(所沢市民体育館他)

▼9・21 対専大戦(港区スポーツセンター)

 ○明大4-2専大


 チームカウント3-2で迎えた6戦目。西康洋(商1=明徳義塾)が2ゲームを奪い、迎えた第3セット10-7。強烈なフォアハンドの打ち合いを制したのは西。相手のボールが大きく外へ外れた瞬間、3年連続25度目の優勝が決まった。「優勝できてほっとした」と渡辺裕介主将(商4=明徳義塾)の目からはうれし涙がこぼれた。


 気迫の卓球を見せた。チームの勝敗を託された西。第1ゲームは「たくさん練習してきた巻き込みサーブ」(西)が光り4得点を挙げ、11-7でこのゲームをものにする。その後も6連続得点を挙げるなど、終始リードする展開に持ち込み3-0で優勝を決めた。この大一番でリーグ戦初勝利を飾った西。「4年生のために優勝したかった」(西)。4年生へ、最高の形で勝利をプレゼントした。


強気のプレーで、優勝を決めた西強気のプレーで、優勝を決めた西


 有終の美を飾った。4年生は最後のリーグ戦。これまでチームを引っ張ってきた渡辺裕主将、酒井明日翔(政経4=帝京)は今試合も活躍し、チームを優勝へと導いた。「インカレのリベンジができてすごくうれしい」(渡辺裕主将)と語れば「優勝しなきゃいけないプレッシャーの中、優勝に貢献できてよかった」(酒井)。バトンは下級生へと受け継がれていく。今後も、王者・明大から目が離せない。


[長谷川璃月]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読