団体優勝も個人トップには届かず/関東学生選手権(B―1カップ)

ボードセーリング 2018.09.03

 2週間後に全日本学生選手権関東支部予選を控え、3年生以下が出場した今大会。明大から三浦圭(法1=光)の2位を筆頭に6位までに4人が入賞するも、個人優勝を手にすることはできなかった。


▼エキスパートクラス

三浦――2位

森平――4位

市島――5位

松本隆――6位

山田――19位

西――91位


▼ビギナークラス

中島――7位

相沢――9位

繁富――12位

松本美――27位

開米――64位


 首位を守り切ることができなかった。2日間にわたり合計4レースの順位で争う今大会。三浦は初日を1位で折り返す。しかし、2日目は「競り勝つことができなかった」と初日2位の関港大(関東学大)に3レース目と4レース目のトップを奪われてしまう。そのまま関に逆転を許し準優勝という結果に終わった。「満足していない」(三浦)。9月中旬に行われるインカレ予選は「1位で通過したい」と即座にリベンジを誓う。


 三浦に続き森平裕也(政経3=横須賀)が4位、市島将平(文3=牛久栄進)が5位、松本隆永(情コミ=立川)が6位と4名が入賞し団体での優勝は獲得した明大。「雰囲気はいい。もう少しチームでレベルアップしたい」(森平)。インカレに向け、チームとして進歩を遂げてみせる。


 [田北俊介]

 

 試合後のコメント

 森平

 ――大会を振り返っていかがでしたか。

  「漕ぎだしが上手くいかずスタートで出遅れてしまい、巻き返そうと思ったんですけど4位に終わってしまい甘かったかなと思います」

 

 ――再来週のインカレ予選のコンディションについていかがですか。 

  「いつもやっている逗子に近いのでやりやすいと思います」

 

 三浦

 ――大会を振り返っていかがでしたか。

  「順位を上位でまとめることができました」

 

――インカレに向けて意気込みをお願いします。

 「先輩達も出場してさらにレベルの高いレースになると思いますが、怖気づ、闘争心を持って1位を狙います」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読