体育会一覧
CLUB LIST

ソフトテニス部

東女体大にストレート負け 3年連続のベスト8/全日本大学対抗選手権

ソフトテニス 2018.08.08


ベスト4への壁は高かった。初日の3戦を勝ち上がり臨んだ2日目、準々決勝の相手は東女体大。序盤から相手に主導権を握られ、0-3のストレート負け。三度目の正直とはならず、団体戦はベスト8で幕を閉じた。

 
8・7~8 全日本大学対抗選手権(備前市総合運動公園テニスコート他)
<女子>
<1日目>
・1回戦
〇明大3-0至学館大
・2回戦
〇明大3-1四国大

・3回戦

〇明大3-0青学大

<2日目>

・準々決勝

明大0-3東女体大
殲滅(せんめつ)戦
 3ペアで構成されたチームで勝ち抜き戦を行う方式

 
 相手のペースにのみこまれた。準々決勝の相手は昨年のインカレ覇者である東女体大。春季リーグ戦でも敗北を喫していたが「意識はあまりしていなかった」(
安西美由希・法3=昭和学院)。しかし、インカレの緊張に押しつぶされ「自分たちの力を出せなかった」(髙橋勅有主将・商4=国本女子)と終始先手を取られる展開に。その後もメンタル面からミスを連発し、結果は0-3のストレート負け。3年連続のベスト8止まりとなった。

 

この悔しさを忘れない。大幅なオーダー変更を行い、団体出場3ペア全てに前衛を入れた今大会。後衛である髙橋は「単純に自分の実力不足」とメンバーを外されてしまった。1年間主将としてインカレベスト4の壁を超えることを目指して練習してきた髙橋。それでも大学最後の団体戦を応援という立場から一番近くで選手たちを支え続けた。ベスト8という結果に「やっぱり悔しい」(髙橋)と涙を浮かべたが、今大会をもって次の代へと思いを引き継ぐ。次期主将となるのは、選手として準々決勝の悔しさを味わった安西。今日の思いを胸に、悲願のインカレ日本一をつかみにいく。

 

[木田諒一朗]
 
試合後のコメント
髙橋
 

――インカレ団体戦を振り返っていかがでしたか。

「去年ベスト8で終わってしまって、自分的には去年よりも上回りたいという気持ちで1年間やってきました。自分は今回選手ではなく応援という立場で見ていてやっぱり勝ってほしかったけど、あと一歩足りなかったのはキャプテンとしてチームをうまく一歩上に引っ張れなかった実力のなさなのかなと思っています」

 

西永

――後輩に伝えたいことはありますか。

「いつもこの結果で、毎年悔しい思いをしています。なので来年こそは勝ってもらって監督も喜ばせてほしいなと思います」


――選手権に向けての意気込みをお願いします。 

「髙橋と組めるのも最後なので、選手権では悔いの残らないように2人で一戦一戦頑張っていきたいです」


安西
――新しい代としてどのようにしていきたいですか。

「この団体戦の悔しさを忘れないで、また明日から個人戦があるので団体戦のつもりでみんなで一生懸命戦っていきたいと思います。秋リーグではまた東女体大と当たると思うので、今日の悔しさを忘れずに自分たちから攻めていきたいです」

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内