体育会一覧
CLUB LIST

相撲部

ルーキー5人がほろ苦い初土俵/東日本学生新人選手権

相撲 2018.05.13
 新入生たちが大学デビュー戦に挑んだ。今年は1年生5人が出場。そのうち4人が予選2回戦までに敗退。唯一勝ち進んだ小川大響(商1=宇治山田商)も3回戦で敗れた。

 思い望む結果にはならなかった。小川の2回戦相手は山本陣(日大)。「知っていた相手だったので戦いやすかった」と語るように、自分に有利な立ち合いをし、寄り切りで勝利を決めた。3回戦は173センチ71キロの小柄な小川より一回り以上体の大きい相手。力で圧倒され、押し出しで敗北を喫した。「ベスト16に入りたかった」と無念さを表した。明大の土俵に上がりスタートを切った小川。今後の目標に体重別個人での全日本優勝を掲げ、健闘を誓った。

 相撲部の未来は明るい。「今年の1年生は自分から前にいく意識が感じられる」と守重佳昭監督も向上心の高さに期待を寄せる。今大会で課題も発見した。今日の敗戦をバネにインカレ優勝に向けての戦力へと成長する。

[大橋侑奈]

試合後のコメント
小川
――試合を終えていかがですか。

 「2回戦は勝って、自分としては3回戦も突破してベスト16に入りたかったという気持ちがすごく強かったのですが、まだ自分の力不足で相手に勝つことができなかったので、すごく悔しいです」

――2回戦での勝因はどこですか。
 「相手は元々自分の知っていた相手だったので戦いやすかったです。まだ自分の形が悪かったのですが、一応前に出ることができて、勝つことができました」

――試合での収穫はありましたか。
 「3回戦は腰が高かったので、これから下半身のトレーニングをしていこうと思っています」

――明大での目標を教えてください。
 「自分は体が小さいので、体重別個人で全日本優勝する選手になりたいと思っています」

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内