女子が快勝 合戸・安増組は室内インカレ王者に敗戦/関東学生トーナメント4日目

硬式庭球 2018.05.04
 女子の好調は止まらない。期待のルーキー・稲葉あす果(国際1=野田学園)が勝利を収めると、続けて女子ダブルスでも金山晴菜(政経2=野田学園)・稲葉組が白星を飾った。一方、男子で唯一勝ち残っていた合戸廉太朗(法3=大分舞鶴)・安増篤史(商3=折尾愛真)組が敗れ、大会折り返し時点で男子は全滅する結果となった。

 力の差を見せつけられた。男子ダブルス3回戦で対決した坂井勇仁・田中優之介組(早大)は昨年の室内インカレ王者。しかし「勝てない相手ではない」(合戸)と強気でこのゲームに臨んだ。序盤から持ち味のボレーで積極的なプレーを展開した第1セット。2ゲーム目をブレークし試合を有利に進めるも、相手の鋭いサーブに翻弄(ほんろう)され、ついには主導権を渡した。「先に僕らが攻め切れなかった」(安増)と第2セットは完璧に封じ込まれ、セットカウント0―2で完敗。この結果を受け止め「サーブとリターンをもっと強化したい」(合戸)と課題を明確化した。

 大会はヤマ場を迎える。5日目は、女子シングルスで稲葉、女子ダブルスで金山・稲葉組が猛者たちとしのぎを削る。頂点を狙うために。まずは明日の一戦で白星をつかむ。

[山根太輝]

試合後のコメント
合戸
――今日の試合はどうでしたか。

 「相手が同じ学生ということで、こっちがしっかりやればチャンスはあると思っていました。しかし向こうのほうがサーブリターンの質が高かったりと、全部の面でこっちが勝っている部分がなかったので、もう一回鍛え直さないと上では戦っていけないと思いました」
――この夏の目標を教えてください。
 「明日まだ本選を懸けたコンソレーションが残っているので、とにかくそこでダブルスの本選を決めて、インカレでベスト4、決勝(進出)を狙っていけるように頑張ります」

安増
――今日の敗因は何でしょうか。

「相手も強いと分かっていて、良い球が来ていたので先に僕らが攻め切れず、相手に先を越されたのが、負けにつながった原因の一つではないかなと思います。僕らも極端に悪かったわけではないですけど、僕のボレーミスが目立ったので、そこを修正し、明日は頑張りたいです」
――夏に向けてどう仕上げていこうと思っていますか。
 「リーグもすぐなので、今の技術を上げるのも良いですけど、新しい技術を身に付けていきたいと思います」

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読