明大勢が全員敗退 最高成績はベスト16/関東学生トーナメント5日目

硬式庭球 2018.05.04
 ベスト8の壁を超えられなかった。5日目は、シングルスに稲葉あす果(国際1=野田学園)、ダブルスに金山晴菜(政経2=野田学園)・稲葉組が登場。単複ともにストレート負け。明大の春関が終わった。

 強敵に歯が立たなかった。稲葉のシングルス4回戦は、第2シード・森崎可南子(筑波大)と対戦。均衡を破り、最初にブレークしたのは稲葉だった。第5ゲームをジュースの末に奪い、3―2でリードする。しかし、直後の第6ゲームでブレークバックを許すと、3―6で第1セットを落とす。第2セットも攻勢を強める相手を止められず、0―6。「相手の思うつぼだった」。第2セットのリターンゲームで獲得したのは、わずか2ポイント。力の差を見せつけられた。
 作戦が実らず完敗だ。前日に第2シードを破り、勢いに乗る金山・稲葉組。「今までこれで勝ってきた」(金山)と、高校時代のおそろいのユニホームを着て挑んだが、願いは届かなかった。金山がラリー戦で相手を崩し、稲葉がボレーで決める形を得意とする2人。しかし、今試合では全く機能せず。2―6、1―6で敗れ去った。

 全力を尽くす。「後悔はしたくない」(斎藤佳帆主将・文4=拓大紅陵)。勝負の夏まで3カ月を切っている。チーム一丸となって今年こそ、王座優勝だ。

[渡部伊織]

試合後のコメント
金山
――今日の試合はいかがでしたか。

 「昨日、勝って流れに乗ったかなと思いましたが、何もできないまま終わってしまいました。いつもは、私のストロークと、稲葉のボレーがいい感じにマッチしてポイントを取れます。今日はそれができず、自分たちのプレーを出せない試合でした」
――春関を振り返っていかがでしたか。
 「負けたのは悔しいですが、去年より結果は伸びました。これを自信にしたいです。明日のコンソレでインカレ本戦を決めて、インカレでは勝ちたいです」
――今後の課題を教えてください。
 「サーブが本当に悪いので、サーブです。インカレ本戦だとレベルが上がるので、フットワークや、確実にショットがコートに入るように練習に励みたいです」

稲葉
――春関を振り返っていかがでしたか。

 「1年目でここまでこられたのは、良かったと思います。でも、上の人と戦ったときに全く歯が立ちませんでした。課題も分かり、良い経験になったと思います」
――今後の課題を教えてください。
 「大学生になり、高校生の時に決まっていた球もなかなか決まりません。私の良さを生かすようなショットを打てるようにします。フィジカル面も向上させたいです」

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読