(4)前田将吾、北川貴之

相撲 2017.11.03
 第3回は3年生二人を紹介する。前田将吾(政経3=宿毛)はインカレでは中堅を務める。

――インカレへの思いを教えてください
 インカレというのは1年間通して一番大きな大会です。だから、そこに向けて地方大会に出場して、稽古を積んできたので、1年間の集大成を見せたいです。練習は、普通の稽古を大切にやってきました。基礎が出来てこそだと思います。この1年は初心に帰って基礎を固めてやってきたつもりです。

――インカレに向けて何か特別な練習はしてきましたか
 実業団の選手と合同稽古しました。阿武松部屋にも出稽古しました。プロの力士に相手してもらってしっかり稽古してきました。プロの選手はすごく相撲を考えていると思いました。自分の取り口で悪い点があった時、どう改善すれば良いか知っていて、教わりました。

――ライバルとなる選手はいらっしゃいますか
 自分は自分ですね。それでも、後輩が入ってきて、自分は上級生になりましたから、日々、後輩が強くなってきてきるという実感はあります。良い刺激を後輩たちからもらって、自分も負けないように頑張っています。特に、藤原(竜平・政経2=埼玉栄)や東(龍輝・政経2=文徳)、その下も力つけているように感じています。また、各大学に強い選手がいますので、どの選手が来ても倒さないといけないと思います。自分の試合でなくても、自分と対戦するかもしれないと思って日々研究しています。

――チームの雰囲気はいかがですか
 良いと思います。キャプテンが引っ張ってくれているので、良いチームに出来上がっていると思います。

――筋力の強化に向けて何かしていますか
 ケガをしているので下半身のトレーニングしかできませんが、止まった状態から相手を押し上げたりするときに必要になる筋肉を鍛えています。ケガは良くはなっていると思います。自分は結構ケガが多いので、思うような稽古ができなかったり、うまくいかないことが多いです。ケガと向き合っていきます。

――最後にインカレへの意気込みをお願いします
 特に、先鋒(せんぽう)だからと言って何かをするわけではなくて、いつでもどこの位置でも戦えるように稽古をやっているつもりではあるので、自分を信じてやっていきたいです。

――ありがとうございました

◆前田将吾(まえだ・しょうご) 政経3 宿毛高 175cm 113kg 
 東日本インカレまでは大将を務めていた実力派。まわしを引くと、一気に土俵際まで持っていく相撲が持ち味。「自分は自分」と目の前の一戦に集中する。



 北川貴之(商3=明徳義塾)は副将を務める。お世話になった4年生への感謝の気持ちを胸にインカレへ臨む。

――インカレに向けて取り組まれていることは何かありますか 気持ちを強く持って1番1番集中することです。

――インカレではどのような相撲をしたいですか
 自分の形で相撲を取りたいです。今までは中々自分の形になれなかったので、意識して目指してはいますが難しいです。

――自分の形とは何でしょうか
 右四つです。当たって右四つになれるように目標としています。

――稽古では追い込んだ練習をしているのでしょうか
 今の時期は1番やるしかない時期なのでそれで頑張っています。

――稽古ではどのような取り組みをされてきましたか
 自分は足が弱いので足をメインにしてやっていきたいと思います。引かれても、付いていけるようにしたいです。小さい相手が苦手なので、足を鍛えるこが一番だと思います。具体的には石を持って腰割りをします。ぶつかりなどの普段の稽古で、鍛えていきたいです。石の重さはわからないですが、かなり重たいです。他には和泉の体育館でウエイトトレーニングをしています。週4日、部位を変えてやっています。その中で週1日は足をやっていて、他の胸や肩や上腕二頭筋とかも部位に分けてやっていきます。

――残りの期間はどういった稽古をされていきますか
 ここで変わった練習をするのもおかしくなるので、自分がずっと取り組んできた自分の形になるということを意識して練習していきたいです。

――インカレにはどのような思いがありますか
 4年生と相撲を取れるのはこのインカレが最後なので、今までお世話になってきた分を返せるように試合で頑張りたいです。

――4年生にはどのような恩を感じていますか
 1年生の時から日常生活や練習で色々と声を掛けてもらっていたので、そういったことに対しては4年生全員に恩を感じています。

――どのような結果で恩返しをしたいですか
 インカレ優勝が一番です。自分の相撲に1番1番集中して取り切って勝てるようにすることが一番の恩返しになるのではないかと思います。

――下級生の存在は大きいですか
 2年生が強いので負けないように頑張りたいです。1年生も、とても頑張っているので、自分たちも引っ張っていけたらいいですが、下級生に勢いに乗って頑張りたいです。

――具体的にはチームにどのように貢献していきたいですか
 チームで勝てたらいいですが、まずは自分の番では絶対勝ちたいです。また、試合にいいコンディションで試合に臨めるように胸出しやアップを手伝っていきたいです。

――個人戦の目標はありますか
 まだ自分はベスト32までにしかなったことがないので、ベスト8や、そこから上にいけるように頑張りたいです。

――個人戦で意識している選手はいますか
 明大相撲部の全員は意識しています。他の学校は高校時代の相手は気になります。

――目標はありますか
 ずっとチームでも言っているインカレ優勝です。

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします
 得意な形である右四つで自分の相撲を取れればいいです。インカレ優勝します。

――ありがとうございました

◆北川貴之(きたがわ・たかゆき) 1997年生まれ。 高知県出身。 177センチ・145キロ
 昨年もインカレを経験した北川。大事な陣を任されており勝利のカギを握る。得意とする右四つの形に持ち込み、チームを勝利に導く。


[高橋昇吾・大西健太]

◆インカレオーダー表◆
先鋒藤原竜平(政経2=埼玉栄)
二陣田原勇也(政経4=報徳学園)
中堅前田将吾(政経3=宿毛)
副将北川貴之(商3=明徳義塾)
大将東龍輝(政経2=文徳)

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読