小松がベスト4入り 全日本出場を決める/関東女子学生選手権

剣道 2017.05.28
 全日本個人インカレ出場権を懸けて関東中の強豪選手が集う今大会。明大からは7人が出場し、小松加奈(商1=東奥義塾)が見事ベスト4入りを果たした。一方で個人インカレ出場を決めたのは小松のみ。チームとしては課題を残す結果となった。

 鮮烈なデビューを飾った。大学初の公式戦に臨んだ、個人インターハイ王者・小松。出場選手数500人以上という小松にとって今までに経験のない規模の大会だったが「目の前の相手に確実に勝つ」ことに徹底。その冷静さが功を奏し、1本も取られることなくストレート勝ちで順調に駒を進めた。そして迎えた5回戦。勝てば個人インカレ出場が決まる重要な局面で、インターハイ決勝を戦った浅野(中大)との同門対決に。それでも「リラックスしてできた」と動じることなくメンを決めて1本勝ち。難なく個人インカレ出場権を手にした。その後も勢い止まらず準決勝に進出。ここでも攻めの剣道を展開したが、試合中盤でメンに対してドウを抜かれそのまま1本負け。決勝進出は逃すも「自分の剣道はできた」とすがすがしい表情を見せた。1年生ながら強靭(きょうじん)な精神力と圧巻の強さを見せた小松の今後に期待がかかる。
 実力者が揃いながらも「勝ちきれなかった」(熊谷真純・営4=新潟商)。昨年の団体インカレ優勝経験者が4人出場しながら、個人インカレ出場者は小松のみ。女子主将の熊谷は5回戦まで進むも、敗者復活戦をものにできず、あと一歩のところで届かなかった。「一からやっていきたい」(熊谷)。団体戦に向け再スタートを切る。

 明大から個人インカレに出場するのは小松ただ1人。1年生ながら明大の名を背負い「結果を出したい」(小松)。今回の結果をばねに、全国の舞台でも飛躍を誓う。

[高野夕]

試合後のコメント
熊谷
「惜しいところまで行ったのに、最後勝ちきれなかったのは自分の力不足だと思います。ただ、これで終わりではないので。そこは結構前向きに捉えています。(長時間の試合が続いたが)5回戦は20分くらい延長したんですけど、お互い集中力が切れなかったのであれだけ試合が続いたと思います。最後打たれたところは自分が一歩及ばなかったかなと思います。(敗者復活戦では)自分では集中してできているつもりだったんですけど、一回目はあっさり負けてしまって。切り替えて2回目でと思ったんですが、相手が高校の後輩で、お互いの手を知る同士だったので、なかなかうまく責められずにイライラしてしまいました。そこが敗因かなと思います。(女子の主将として)個々がしっかり仕上がっていたんですが、勝ちきれなかったというのが今後の課題だと思います。団体戦に向けて、全日本に出てないメンバーもみんな力があるので、またゼロからやっていきたいと思います。1年生の小松はすごく戦力になると思いますし、去年優勝したメンバーが自分を含めて4人いますので、また一から二連覇を目指して、今年は今年のチームのカラーを出して頑張りたいと思います」

小松
「とりあえず、全日本出場を目標にしていたので、それが達成できて嬉しいんですけど、あそこまでいったら優勝狙いたかったです。上を見すぎるんじゃなくて、目の前の対戦相手に確実勝つ、というのを徹底していったら、全日本が決まったという感じです。(ベスト4の)実感はなかったです。ただ、その前に中央大学の浅野と当たって。同じ高校出身ですし、インターハイの決勝でも対戦したので、そこは少し意識しましたが、リラックスしてできたと思います。自分はあまり緊張しない方なんですが、浅野とやる時はもう全日本が決まっているっていうのは頭に置いておいたので、そこで、『あ、全日本決まったんだ』と思いました。(ベスト4の結果は)自信にはなりました。今の実力で3位という結果を残せたのは先輩たちの支えも大分ありました。試合前には『1年生なんだから思い切りやんなよ』と声を掛けてもらったり。あとは同級生の2人も『サポートするから』と言ってくれて。緊張せずにできました。(明大の雰囲気は)最初に来た時からとても雰囲気が良くて。ピリピリとした感じもないですし。でもやっぱり試合前は緊張感もあって。そういうところが一流の剣道部だなと感じます。チームワークが取れるんじゃないかなと思います。(準決勝でドウを取られたが)自分は思い切っていったところで、取れると思ったところを抜かれたので悔いは無いです。もちろん悔しかったですし、まずいなとは思ったんですが、自分の剣道はできたかなと思います。(全日本に向けて)1年生だから、とかではなく明治大学を代表して出るからには結果を残したいと思います」

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読